三浦版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

パートナーシップ宣誓制度 多様性認め合う三浦に 4市1町間で相互利用も

社会

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市は今月1日から、性的少数者や事実婚カップルなどに対し、人生のパートナーとして公に証明する「三浦市パートナーシップ宣誓制度」をスタートさせた。

 同制度は、性的少数者や事実婚カップルなどの生きづらさや困りごとなどの負担軽減、性の多様性への社会的理解の促進をめざして導入。「戸籍上の性別にとらわれず、相互に協力し合いながら継続的な共同生活を行っている、または行うことを約束した二人が、市長に対し、双方が互いの人生のパートナーであることを宣誓し、宣言したことを三浦市が公に証明し、宣誓証明書=写真=を交付するもの」と位置付けている。

 宣誓要件は、【1】民法で定める成年であること、【2】二人とも三浦市内に住所を有している、または一人が住所を有し、もう一方が市内への転入を予定していること、【3】配偶者がいない、および相手以外とのパートナーシップがないこと、【4】双方が近親者でないこと(養子縁組は除く)-のすべてに該当すること。婚姻制度とは異なり、宣誓に法的拘束力はないが、県営住宅(世帯向け住宅)の入居申込みが可能になるほか、市の規程による災害見舞金(弔慰金)の支給が受けられるようになった。

 近隣自治体では、2019年4月に横須賀市で始まって以降、鎌倉市(同12月)、逗子市(20年4月)、葉山町(同7月)で順次導入。三浦半島内での相互利用が可能となる協定をそれぞれ締結しており、4市1町間での転出転入後も宣誓証明書を継続して利用できる。

 なお、宣誓証明書の交付には、希望日の5日前までに電話またはメールでの予約と、必要事項を記した書類の提出が必要となる。

 詳細は市民サービス課市民相談グループ【電話】046・882・1111(内線319)

三浦版のローカルニュース最新6

身近な草花に親しんで

身近な草花に親しんで 文化

11月7日に催し

10月22日号

城ヶ島の昭和を巡る

未病ウォーク

城ヶ島の昭和を巡る 文化

10月22日号

小網代干潟の貝のふしぎ

小網代干潟の貝のふしぎ 文化

生態に迫る1冊

10月22日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月22日号

鑑賞楽しむ4つのヒント

横須賀美術館

鑑賞楽しむ4つのヒント 文化

企画展「ビジュツカンノススメ」

10月22日号

力作を一堂に

秋の合同展

力作を一堂に 文化

書・絵画・盆栽など

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook