三浦版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

(PR)

アルツハイマー病 採血で早期発見を 神歯大附属病院で検査可能

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 認知症患者数が増加している。国内で約600万人、65歳以上の6人に一人と推計されており、誰にでも起こりうる身近な病気となっている。ただ、認知症の原因疾患として最も頻度の高いアルツハイマー病(AD)は、発症の可能性を簡便な血液検査で調べることができるという。神奈川歯科大学附属病院 認知症・高齢者総合内科の眞鍋雄太教授=写真=に聞いた。

 「前提として、認知症は何らかの疾患が原因となり、社会生活に支障を来した病態を指す。『もの忘れ』=認知症では決してない」と眞鍋教授。

 とは言え、ADは認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の時点から「もの忘れ」の症状が出始める。そのため「もの忘れ」がADの早期発見につながる要素であることを否定できないという。これに着目したのが、MCIスクリーニング検査だ。ADは、アミロイドβ1―42という異常なタンパクにより規定されるため、血液検査で脳内の原因物質の蓄積具合を推定し、ADの可能性をふるい分ける。

 眞鍋教授は「早期発見と対応が症状の進行を抑え、改善につながる」と話す。検査時間は数分、結果は2〜3週間で知ることができる。

神奈川歯科大学附属病院

横須賀市小川町1-23

TEL:046-822-8877

http://www.kdu.ac.jp/hospital/

三浦版のピックアップ(PR)最新6

豊かな海、守る使命と責任

魚食文化を未来に残す

豊かな海、守る使命と責任

株式会社城ヶ島水産

6月11日号

”笑”顔と”絵”本の出会い

バスの移動図書館

”笑”顔と”絵”本の出会い

株式会社三浦観光バス

6月11日号

快眠生活はベッドから

国内No.1メーカー「フランスベッド」

快眠生活はベッドから

横須賀市文化会館でクリアランスフェア

5月28日号

販促・記念グッズに

オリジナルエコバッグ

販促・記念グッズに 社会

もらってうれしい実用品

5月14日号

三浦で介護のプロになる

市社会福祉協議会

三浦で介護のプロになる

3講座で受講生募集

4月30日号

「HACCP」対応 全面サポート

「HACCP」対応 全面サポート

(株)門倉組が専門ブランド設立

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter