三浦版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

三浦市 産後ケア事業を拡充 宿泊型サービス開始

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市は、このほど「産後ケア事業母子宿泊サービス」を開始した。子育て支援施策の一環で、出産後の母親が心身安定や育児相談などのサポートが受けられる産後ケア事業を拡充したもの。妊娠・出産・育児にわたって切れ目のない支援を提供し、安心して子育てできる環境を整備することで、母親の不安解消や移住定住促進にもつなげたい考え。

 同サービスは、産後4カ月未満の母子が対象。市が委託する「かもめ助産院」(横須賀市ハイランド)に宿泊し、母体の健康回復ための休養や授乳・沐浴・育児指導、傾聴など助産師らの専門的なサポートを受けながら、心身の安定を図るというもの。

 産後ケア事業は、出産による心身の負担を抱えて分娩施設を退院し、「家族から十分な支援を受けることができない」「体調が優れない」など、育児に不安を持つ母親をサポートするために作られた。

 宿泊サービス開始以前は、1日4時間のデイサービス(1回2千円/食事なし)と、2時間程度(午前9時30分から11時30分または午後1時30分から3時30分)の訪問サービス(1回500円)を提供。これらに加えて、24時間体制でケアが受けられる宿泊サービスを新設することで、きめ細かい支援が可能となった。

 宿泊サービスの利用料は、1泊2日食事付で1万8千円(連泊は1泊ごとに9千円)。生活保護・市民税非課税世帯は減免・減額制度あり。宿泊・デイサービス・訪問をあわせて、最大7回利用可能。希望者は利用2日前の午後5時までに子ども課へ必要事項を記入した所定の申請書を提出し、面接を行う。

 「宿泊サービスの利用だけでなく、出産や育児の不安や疑問を気軽に相談してもらえたら」と同課担当者は呼びかけている。

 詳細は、みうら子育て世代包括支援センター(同課内)【電話】046・882・1111(内線338)

地域で子育て

 市は、2019年度から「みうらファミリー・サポート・センター」を子ども課内に開設。地域ぐるみの子育て支援を目的に、子育ての手伝いをする有償ボランティア(提供会員)と、手伝いをしてほしい人(依頼会員)を同センターがマッチングする相互援助活動を推進している。

 昨年11月には、新規ボランティア会員の養成研修が開かれ、受け皿を拡充した。保育施設への送迎をはじめ、冠婚葬祭や通院時、放課後児童クラブ利用前後の一時預かりなどで、生後3カ月から小学6年生までの子どもを持つ市内の子育て世帯が利用可能。現在も感染症対策を講じた上で実施している。

 時間は、平日午前7時から午後7時で、料金は1時間700円(上記以外は同900円)。

 問い合わせ先は前述同じ支援センターへ。

三浦版のトップニュース最新6

個別接種で接種率向上へ

三浦市ワクチン

個別接種で接種率向上へ 社会

65歳以上の枠を確保

6月11日号

"性と生"学ぶ私設文庫

"性と生"学ぶ私設文庫 社会

初声町で今月13日開所

6月11日号

高齢者集団接種が開始

コロナワクチン

高齢者集団接種が開始 社会

円滑実施へ改善重ねる

5月28日号

酒屋のSOSに支援の輪

酒屋のSOSに支援の輪 経済

まん延防止影響で「苦境」

5月28日号

「シナーラ」がアジア初快挙

クラシックボートアワード

「シナーラ」がアジア初快挙 文化

シーボニア母港の木造帆船

5月14日号

現職吉田氏が出馬表明

三浦市長選

現職吉田氏が出馬表明 政治

「発展に全力尽くす」

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter