三浦版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

海育む熟成ワイン引き揚げ 来年度、本格販売へ

社会

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena
海から引き揚げられたばかりのワイン
海から引き揚げられたばかりのワイン

 小網代区・市観光協会油壺支部・漁協・油壺観光企業組合で構成する「小網代観光振興活性化検討協議会」は今月15日、海の中で熟成させるため昨年12月に小網代湾内に沈めたワイン120本の引き揚げ作業を行った。ボトルには海中熟成の証である、貝やフジツボが付着。味も試飲した関係者から好評で、関係者は手ごたえを感じているという。

 地域活性化や漁業者の新たな収入源の創出、特産品づくりなどをめざして2018年から始まったプロジェクト。紫外線の届かない水深10m〜25mの場所に沈めると、海中の微振動や平均13℃ほどの一定した海水温によって熟成が促進。まろやかで深みのある味わいに変化するという特性をいかし、小網代湾熟成のワインづくりに乗り出していた。

 今回引き揚げられたものは、有料で委託を受けて試験的に沈められたもの。同会役員の出口浩さんは、来年度からの本格的な販売開始に向けて「出来はまずまず」と話す。地域連携を掲げる検討協議会は、市内の福祉施設や生産者とも積極的にコラボ。ボトル内部に海水の浸透を防ぐため、注ぎ口まわりを小網代産の蜜蝋でコーティングする軽作業を、障がい者就労支援センター「どんまい」(菊名)に委託する。一部コーティングに不具合の見られるボトルもあり、出口さんは「成功率は9割。100%にするため改良し、精度を高めたい」と意欲を見せた。

 同会によると、「刻浬(こくり)」と名づけたワインを今秋頃、三浦市のふるさと納税の返礼品に追加。数量・期間限定の予約制で200本ほど受け付け、来年6月の発送を計画しているという。

来年度から本格販売に向けて準備が進む
来年度から本格販売に向けて準備が進む

三浦版のローカルニュース最新6

早春告げる水仙咲く

県立城ケ島公園

早春告げる水仙咲く 社会

1月21日号

力作労作を披露

さかえ書道教室

力作労作を披露 文化

1月21日号

「タバコの煙に困っています」

受動喫煙防止ポスター

「タバコの煙に困っています」 教育

初声中・齊田さんが特賞

1月21日号

初心者のための俳句入門

初心者のための俳句入門 文化

2月15日に講座

1月21日号

三浦のいいものマルシェ

三浦のいいものマルシェ 社会

マホロバで1月23日

1月21日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook