三浦版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

横須賀美術館 鑑賞楽しむ4つのヒント 企画展「ビジュツカンノススメ」

文化

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
廣村正彰《 横須賀美術館ピクトグラム よこすかくん 》2007 年 photo: Yasuo Kondo / amana photography
廣村正彰《 横須賀美術館ピクトグラム よこすかくん 》2007 年 photo: Yasuo Kondo / amana photography

 色や線、さまざまな画材を用いて表現される「美術作品」。美術館に行くとそれを「理解しよう」と身構えてしまうかもしれない。横須賀美術館(鴨居)で開催されている「ビジュツカンノススメ」展は、横須賀美術館について深く知るための4つのキーワードから、アートを楽しむヒントを提供する企画だ。

 「アトリエのひみつ」では、田浦のアトリエで創作活動を展開していた洋画家・朝井閑右衛門を紹介。「絵画とブックデザイン」では、1920〜30年代に活躍した古賀春江や東郷青児が手掛けたモダニズム絵画、書籍の装幀から、身近なアートに触れていく。美術館で私たちは完成された「作品」しか目にすることがないが、ゼロから物が生まれる過程を辿ることで見る角度も変わるかもしれない。「作品のつくりかた」では、日本画や油彩など現代作家へのインタビューや制作方法の映像やから、完成までの道のりを紐解く。

建物まるごと楽しむ

 同館では、東京五輪にも携わったグラフィックデザイナーの廣村正彰のピクトグラム(絵文字)を採用しており、館内で案内する「よこすかくん」も美術館を構成する要素の一つ。屋外彫刻や開閉時のサウンド・ロゴ、さらにロケーションや建物の構造、光の入り方なども感じながら「美術館を探検」する楽しみ方を学ぶ。

 このほか横須賀美術館が作成した学習教材「アートカード」や視覚障害者が触って鑑賞できる「触図」も紹介する。会期は11月7日(日)まで。詳細は同館【電話】046・845・1211

古賀春江《窓外の化粧》 1930年、神奈川県立近代美術館蔵
古賀春江《窓外の化粧》 1930年、神奈川県立近代美術館蔵

三浦版のローカルニュース最新6

横浜で「城」の祭典

読者プレゼント

横浜で「城」の祭典 文化

12月18日・19日開催

11月27日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

11月20日号

体に優しい薬膳正月料理

体に優しい薬膳正月料理 文化

12月14日に講座

11月19日号

癒しの匂い袋づくり

癒しの匂い袋づくり 文化

三樹院でお香教室

11月19日号

伝統の和菓子を楽しむ

伝統の和菓子を楽しむ 文化

茶通・練り切りづくり

11月19日号

思い出の名曲が蘇る

タウンニュースホール

思い出の名曲が蘇る 文化

サーカス コンサート

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook