三浦版 掲載号:2022年5月27日号 エリアトップへ

勇壮な神輿、迫力の獅子 三崎小150周年記念「開校祭」

文化

掲載号:2022年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 三崎小学校が5月15日に創立150周年を迎え、記念事業「開校祭〜希望という宝物を持って〜」が校庭で行われた。

 卒業生やPTA関係者らでつくる「150周年記念事業準備実行委員会」が「これまでの歩みに感謝するだけでなく、今後さらに歩みを進めるため、創立記念日に保護者・教職員・児童・地域住民が共に育み、共に同じ時間を過ごそう」と企画。在校生を含めて200人以上が集まった。

 冒頭、川名大介PTA会長、秋本清道実行委員長、札内尚校長が祝いの挨拶を述べた後、「清明富士を天に潮ひびく港〜」で始まる校歌(作詞:北原白秋/作曲:山田耕筰)を合唱した。海南神社祭り囃子保存楽囃会による太鼓と篠笛が鳴り響くと、ゴザの周りを囲んだ児童の前で、海南神社面神楽保存神楽師会が獅子舞を披露。予測不能な動きに、思わず泣いたり、頭を噛まれたりする子どもがいた=写真右。三浦いなりっこ保存会の指導のもと、児童たちは「道化」踊りに挑戦。運動会などで演技する「三小ソーラン」では、中学生と一緒に全身を動かし、額に汗した。ラストを飾ったのは「祝い神輿」。燦々と降り注ぐ陽光の中、「今か今か」と興奮の極に達した参加者たちが、東岡区・西海上区・尾上区が所有する3基の神輿を、三崎独特の木遣り師の掛け声に応えるように、頭上高く担ぎ上げてグラウンドを練り歩いた=写真左。

 大きな拍手で沸いた閉会後、秋本実行委員長は「魅力ある良き三崎の伝統を継承し続けていくのが、我々大人たちに与えられた使命。前途洋々たる未来が待ち受けている子どもたちには、歴史ある小学校を卒業したという誇りと自信を持って、社会で活躍してもらいたい」と期待を込めた。

  ◇  ◇  ◇

 三崎小学校は1872(明治5)年に開校。児童数は111人。11月3日(木)には、記念式典の開催も予定されている。

三浦版のローカルニュース最新6

みうら夜市今年も中止

「でっけぇマグロ獲ってこーい」

三崎漁港 花暮崖壁

「でっけぇマグロ獲ってこーい」 経済

新造船9年ぶり出航で賑わう

6月24日号

ラクロス6人制コート整備

潮風スポーツ公園

ラクロス6人制コート整備 スポーツ

女子日本代表が強化練習

6月24日号

夏のボーナス支給

三浦市

夏のボーナス支給 経済

一般職平均約75万円

6月24日号

市に絵本など寄贈

CFネッツ

市に絵本など寄贈 文化

倉橋代表がプロデュース

6月24日号

おしゃれな周遊ツアー化へ

「三浦野菜」活用

おしゃれな周遊ツアー化へ 経済

”チャリピク”社会実験

6月24日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook