逗子・葉山版 掲載号:2011年1月28日号
  • googleplus
  • LINE

逗子市手づくり絵本コンクール 個性豊かな19作品が入賞 2月12日(土) なぎさホールで表彰式

最優秀賞を受賞した「あわてんぼうかあちゃん」(右)と「チョコちゃんとあおちゃん」(左)
最優秀賞を受賞した「あわてんぼうかあちゃん」(右)と「チョコちゃんとあおちゃん」(左)

 「逗子市手づくり絵本コンクール」の受賞作品がこのほど決まり、全国から寄せられた196点の中から19作品が受賞作品に選ばれた。来月12日に文化プラザなぎさホールで表彰式が行われるほか、13日からは同ギャラリーで受賞作品の展示も行われる。

全国から196点の応募

 同コンクールは「子どもや大人に夢を与える絵本づくり」をテーマに毎年行われており、今回7回目。高校生以上の「一般の部」と中学生以下の「子どもの部」の2部門で広く募集が行われ、北海道から沖縄まで全国津々浦々から196作品の力作が集まった。

 応募作品は市民選考委員による1次選考、市民投票による2次選考、専門審査員による3次審査を経て受賞作品を決定。審査委員には童話「魔女の宅急便」の原作者として知られる角野栄子さんらが務めた。「今年は特に活き活きとした楽しい作品が多かった」と振り返る角野さん。

 最優秀賞作品には兵庫県西宮市のしまし乃さん(ペンネーム)の「あわてんぼうかあちゃん」が一般の部、横須賀市在住の庄司あおいちゃん(幼稚園年長)が子どもの部でそれぞれ受賞。また逗子葉山からは一般の部で山本正利さんの「ことりのすがた」、子どもの部で関口晃旦くんの「こうたむしがうまれたひ」、清水恵ちゃんの「テレビにはいれるおんなのこ」、村山響太郎くんの「でんしゃくん」、田中成くんの「ぼくのすきなもの」、一柳果歩ちゃんの「ほたるをみにいった」、坂本紗花ちゃんの「にじのともだち」が入賞作品に選ばれた。

 最優秀賞の2作品については製本され、今夏ごろに市内の公共施設を始め、県下の図書館にも配布される予定という。

名作絵本朗読会も

 表彰式は2月12日に逗子文化プラザなぎさホールで行われる。午後2時から式典、3時からは女優の加屋安紀子さんによる朗読会が行われるほか、角野さんと絵本作家のスズキコージさんによるサイン会も行われる。いずれも入場無料。また受賞作品は13日から18日まで同ギャラリーで閲覧できる。時間は午前10時から午後5時(15日休館)。

 問合せは市文化振興課【電話】046(870)6622まで。

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

火災件数が前年比3件増

葉山町

火災件数が前年比3件増

3月9日号

神武寺トンネルの通行再開

逗子市

神武寺トンネルの通行再開

3月9日号

「アカモクを逗子の名物に」

「草津に泊まって応援を」

葉山町

「草津に泊まって応援を」

2月23日号

「はれのひ」 被害者を支援

逗子の老舗着物店

「はれのひ」 被害者を支援

2月9日号

福祉・教育面に重点

葉山町予算案

福祉・教育面に重点

2月9日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク