逗子・葉山版 掲載号:2011年4月22日号
  • googleplus
  • LINE

戸別収集ごみ半減袋 7月実施を延期へ 3月議会での条例案否決受け

7月から導入される予定だった半減袋
7月から導入される予定だった半減袋

 葉山町はこのほど、今年7月から実施を予定していたゴミの戸別収集と指定袋の導入を延期することを明らかにした。実施にかかる条例が3月議会で否決されためで、8日に行われた同町議会全員協議会で町側が議員の質問に答えた。同町では事業実施に係る周知などを徹底した上で年内を目途に実施の再調整を図る方針。

 両事業は同町の「ゼロウエイスト政策」の一環で、ゴミ半減化に向けた取り組みとして今年7月から同時導入する予定だった。しかし一部有料になる指定袋(半減袋)の導入には条例の改正が必要で、町側は3月の定例会で半減袋の導入を盛り込んだ改正案を上程していたが、周知不足や費用対効果の検証不足などを理由に議会がこれを否決。

 町環境課では再度事前説明会などを行い、町民への周知を徹底する方針だが、6月議会で了承が得られたとしても「時間がなく物理的に間に合わない」との理由から7月の実施を断念した。同課によると議会で承認されてから実施まで、説明会の開催や袋の流通経路の構築など準備に半年近くかかるという。

 実施の時期について「ゴミが増える年末は避けたい。できるだけ早い実施に向けて努力する」と担当者は話している。同課では来月下旬から7カ所ある町内会館などで順次実施にむけた説明会を行う方針。問合せは同課【電話】046(876)1111まで。

モデル地区では実績出るも

 同町では昨年4月から一色台、続いて9月から牛ヶ戸でもモデル事業を実施。地区内のゴミステーションを廃止し、「燃やすゴミ」「容器包装プラスチック」「プラスチックゴミ」の3種類は戸別回収し、缶やビン、ペットボトルは地区内に設置された資源ステーションで回収する新たなシステムを取り入れている。

町環境課によるとモデル地区では生ゴミ処理機の利用と合わせて7割程度の削減に成功しているという。

 また今回の新事業導入についての町民の反応については「問合せの中には早く戸別収集を始めてほしいという声も多い」。ただ一方では、現状での実施は時期尚早との声もあがっており、事業の開始時期など、今後の動向に注目が集まりそうだ。
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

火災件数が前年比3件増

葉山町

火災件数が前年比3件増

3月9日号

神武寺トンネルの通行再開

逗子市

神武寺トンネルの通行再開

3月9日号

「アカモクを逗子の名物に」

「草津に泊まって応援を」

葉山町

「草津に泊まって応援を」

2月23日号

「はれのひ」 被害者を支援

逗子の老舗着物店

「はれのひ」 被害者を支援

2月9日号

福祉・教育面に重点

葉山町予算案

福祉・教育面に重点

2月9日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク