逗子・葉山版 掲載号:2011年5月13日号
  • googleplus
  • LINE

期限は5月31日まで 「火災警報器の早期設置を」 逗子葉山両消防本部が呼びかけ

逗子駅前で通行人に設置を呼びかける消防隊員
逗子駅前で通行人に設置を呼びかける消防隊員

 5月31日までに全ての住宅に設置が義務付けられている火災警報器の設置が期限まで1ヶ月を切った。全国的にも普及率向上が課題となっているが、逗子市・葉山町も普及率の低迷にあえいでおり、特に昨年12月の調査で県内ワーストを記録した逗子市の消防本部では「自治会などでPRはしてきたのだが…」と伸び悩む普及率に頭を抱えている。

逗子は普及率県内最低

 住宅用火災警報器は、火災による「逃げ遅れ」などの死者を減らすことを目的に平成16年に消防法が改正されたことで設置が義務づけられた。平成18年6月からは新築住宅が全国で義務化され、既存住宅についても今年6月1日から設置が義務化される。

 総務省消防庁が発表した全国の普及率(推計)は昨年12月時点で63・6%。それに対して葉山町では46・9%で県内27地域中21番目、逗子市については37・6%で大磯町と並んで県内最低だった。

 設置期限が1ヶ月を切る中、逗子市消防本部ではJR逗子駅前に設置を促す横断幕を今月いっぱい取り付けているほか、9日には消防隊員が駅の利用客らに設置を呼びかけるキャンペーンを展開。防火衣を着た消防隊員らがチラシを配りながら「今月末が設置期限です。ご協力お願いします」と設置を呼びかけた。また葉山町消防本部では設置を呼びかけるチラシ入りのポケットティッシュを作成、配布し啓発を図るという。

 火災警報器は煙や熱を感知し、音声や警報音で火災を知らせる。設置場所は国の基準に基づいた条例で定められており、台所、寝室、寝室が2階にある場合にはそこに至る階段に設置しなくてはならない。

 警報器は電池式、コンセント式など種類によって金額は異なるが、3千円から5千円程度という。家電取扱店やホームセンターなどで購入できる。

 法律や条例に設置しない場合の罰則規定はないが、両消防本部ともに「皆様の生命・財産を守るため、できるだけ早い内に火災警報器の設置を」と呼びかけを強めている。

 設置に関する詳細は消防庁住宅防火関係ホームページ(「消防庁 火災警報器」で検索)を参照。または両消防本部まで。
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

火災件数が前年比3件増

葉山町

火災件数が前年比3件増

3月9日号

神武寺トンネルの通行再開

逗子市

神武寺トンネルの通行再開

3月9日号

「アカモクを逗子の名物に」

「草津に泊まって応援を」

葉山町

「草津に泊まって応援を」

2月23日号

「はれのひ」 被害者を支援

逗子の老舗着物店

「はれのひ」 被害者を支援

2月9日号

福祉・教育面に重点

葉山町予算案

福祉・教育面に重点

2月9日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク