逗子・葉山版 掲載号:2011年6月24日号
  • googleplus
  • LINE

落書きは"NO" 市民ボランティアらが落書き消し

社会

逗子海岸に通じる地下道に書かれた落書きを消すボランティア
逗子海岸に通じる地下道に書かれた落書きを消すボランティア

 海水浴シーズンを間近に控え、逗子海岸に続く国道下の地下道をきれいにしようと、市民ボランティアらが18日、地下道の落書き消しを行った。

 実施したのはこの日のために集まった20人の「逗子落書き消し隊」。隊員らはペンキの入ったバケツとローラを手に、壁面にスプレーなどで書かれた落書きをひとつ一つ丁寧に消していった。参加した久木中学校2年生の大庭直彌くんは「壁がきれいになって、海水浴客の人たちから逗子海岸がいいイメージを持ってもらえれば」と話した。

 同隊代表の菊地俊一さんによると、この取り組みは今年5回目。活動を始めた当初はどの地下道も落書きで覆い尽くされていたが、取り組みの成果もあってここ数年は落書きも減ったという。菊地さんは「今後も落書きが気になっている人人が行動するきっかけづくりができれば」と話した。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク