逗子・葉山版 掲載号:2011年7月8日号
  • googleplus
  • LINE

今年から逗子海岸のライフガード事業を手がける「NPO法人湘南海上安全協会」の副理事長 歌代 光雄さん 逗子市新宿在住 69歳

「自分たちの海だから」

 ○…ひと夏の間、海が海水浴客で賑わう中でその安全を影から支える男たちがいる―。今年から逗子海岸のライフガード事業を請け負う「NPO法人湘南海上安全協会」。これまでは主に海上のパトロールを手がけてきたが、今年は新たに20人のライフガードたちの長に立ち、海の安全維持に全力を尽くす。「責任者だけど、教わる立場。毎日勉強ですよ」。笑うと日焼けした顔から白い歯がこぼれる。

 ○…ゼロからのスタートだった。昨年市から委託の打診を受けたもののライフセービングに関しては素人。悩んだ挙句、決め手になったのは「地元の海は自分たちで守りたい」という想いだった。「それに海上警備ができる自分たちにしかできないことがある」。その後、娘や知人のツテを頼りに人伝いにライフセーバーを探し、1年かけて組織としてまとめ上げた。自身の役割はもっぱら渉外交渉や海水浴客同士で揉め事が起きた際の”収め役”。海開きして早2週間、一日も欠かさず海岸に出向き続けた肌はライフガードたちに劣らず真っ黒だ。「肉体的なことじゃ若い奴らに勝てませんがね、気力じゃ負けませんよ」。そう語る横顔に精悍さが覗く。

 ○…東京の商社に勤め上げ、定年して8年。3人の娘たちも自立し、現在は妻と母との3人暮らし。趣味は中学生から続けているヨットで、今でも時間さえあれば逗子や葉山の沖に船を出す。「自分にとって海はライフワークというか、人生そのもの。自然の楽しさ、怖さ、仲間意識とか忍耐強さとか色んなものを海を通して学びましたから」と夕暮れの海に目を細める。

 ○…今年はスタートライン。今後はさらに組織基盤を固め、ゆくゆくは地元中高生にライフセービングに親しんでもらうプログラムも視野に入れている。「やっぱり自分たちの海。将来的に地元のライフセーバーが海を守るための橋渡しができれば」。海の安全は自分たちの手で。海に魅せられた男の新たな挑戦が始まった。
 

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

石井 由樹子さん

設立5周年を迎えた「森のようちえん 葉山 もりのわ」の代表を務める

石井 由樹子さん

3月9日号

高橋 昭善さん

藻類研究者で相模湾海藻調査会を主宰する

高橋 昭善さん

2月23日号

長岡 武史さん

50周年を迎えた逗子市商工会青年部の第51代部長を務める

長岡 武史さん

2月9日号

石渡 勝さん

「なぎさマンドリンアンサンブル」の指揮・編曲を手がける

石渡 勝さん

1月26日号

中村 達矢さん

一般社団法人「逗子葉山青年会議所」(逗子葉山JC)の第55代理事長に就任した

中村 達矢さん

1月12日号

神戸(かんべ) 悠太さん

「逗子アカモクプロジェクト実行委員会」の実行委員長を務める

神戸(かんべ) 悠太さん

12月15日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク