逗子・葉山版 掲載号:2011年8月26日号
  • googleplus
  • LINE

古都から古都へ支援の輪 福島の子どもたちへマスクを

社会

京都と鎌倉をつなぎ、被災地の子どもへ(右・山本さん 左・山田園長)
京都と鎌倉をつなぎ、被災地の子どもへ(右・山本さん 左・山田園長)

 原発被災地の子どもたちに防放射線マスクを―。

 京都市出身で現在自民党神奈川県第4区支部長(鎌倉市・栄区・逗子葉山)の山本朋広さんが22日、福島県の子どもたちに計10万枚の高機能マスクを送った。

 このマスクは、ヨウ素やセシウムの除去性能を持つ素材のもの。手がけた京都市の日本蚕毛染色(株)は、被災地への支援物資として受け入れ先を探していたという。旧知の仲だった山本さんに相談し、福島へ寄贈の運びとなった。

 山本さんは、福島県の幼稚園関係者を知るおおぞら幼稚園(鎌倉市大船)の山田誠一園長に相談、被災地の子どもたちがマスクを必要としていることを知り、山田園長の紹介を得てマスクを送ることになった。山田園長は「乳幼児は放射線の影響が大きい。使い捨て高機能マスクは喜んでもらえる」と話している。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク