逗子・葉山版 掲載号:2011年8月26日号
  • googleplus
  • LINE

鎮魂の願い、灯籠に込め― 逗子海岸で「精霊(みたま)おくり」

文化

 戦争犠牲者や幼くしてなくなった子などの魂を灯籠にたくして供養する「精霊(みたま)おくり」が16日、逗子海岸中央で行われた=写真。逗子仏教会と仏教会檀信徒協議会の主催。

 お盆の送り火行事として毎年行われているもので、会場には故人に鎮魂の願いを捧げようと多くの人が訪れた。この日は風が強かったため、船による曳航(えいこう)は中止となったが、浜に故人の名前や戒名が書かれた灯籠がおよそ400個が並べられ、来場者らはほのかな灯りに故人への鎮魂の願いを込めた。また今年は東日本大震災の犠牲者への追悼と復興祈願も行われ、住職らが経を読み上げる中、来場者は心静かに手を合わせていた。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク