逗子・葉山版 掲載号:2011年10月21日号
  • googleplus
  • LINE

下山口在住松崎勇太郎さん 全日本制覇を報告 ジュニアテニス選手権2011で快挙

スポーツ

トロフィーを手にする松崎さん(中央)
トロフィーを手にする松崎さん(中央)

 ジュニアテニスで国内最高峰の大会として知られる「ダンロップ全日本ジュニアテニス選手権2011」に葉山町下山口在住の松崎勇太郎さん(18歳・リビエラ逗子マリーナTS)が今夏、関東代表として出場し、18歳以下男子シングルスの部門で見事優勝を果たした。14日には町役場を訪れ、森英二町長や豊田茂紀教育長に結果を報告。町長らから健闘を称えられた。

 松崎さんは父親の健さん、町テニス協会の杉浦晃さんらとともに町長室を訪問。優勝カップや賞状を手に大会の戦績を報告すると森町長は「葉山の高校生から日本一が出たということは大変誇らしいこと。将来が楽しみですね」と健闘をねぎらった。

 松崎さんは5月、64選手によって行われた県大会でベスト4に進出。関東大会では準優勝に輝き、全国の地方大会を勝ち抜いてきた64選手が集う全国大会に駒を進めた。

 身長165cm、体重68kgと体格は恵まれた方ではなかった松崎さん。それでも全国大会では鋭いサーブと攻撃的なプレイスタイルを武器に全国大会では準々決勝まで2セット先取で順調に勝利を重ねた。準決勝では接戦をものにし、決勝に進出。最後の大一番は昨年の覇者、関西代表の栗林聡真さんを相手に最後まで粘り勝ち、全国優勝という初めての栄冠を手にした。

最後に掴んだ栄冠

 両親の影響で2歳からテニスを始めたという松崎さん。小学校に入学する頃になると地元のテニスクラブに入り、12歳には全国の大会でも結果を残すなど頭角を現し始めるが、今回の快挙までの道のりは決して平坦なものではなかった。

 高校生になってぶつかった壁。高1と高2の時に出場した同大会では2年連続で関東2回戦負けを喫した。「試合中どうしていいか分からなくなってプレーするのも怖くなった」と振り返る。高3は同クラスで出場できる最後の年。「だから何としても今年はチャンピオンになりたかった」。

 そこでコーチからのアドバイスを元に見直したのがテニス以外の面。コートの掃除、あいさつ、日々感じたことをノートに書き留めるなど私生活面を徹底的に見直した。自分の尽くせることは全て尽くす―。その努力が大会で実を結んだ。「でも優勝したのは過去のこと。今後も挑戦者として自分のテニスを続けていくだけ」と悲願を成し遂げた今もたゆまない。将来の目標はプロの選手として世界のプレーヤーと戦うこと。またゆくゆくは「自分の体験してきたことを伝えて、次世代のジュニアの子たちを育てたい」と笑顔で結んだ。
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

火災件数が前年比3件増

葉山町

火災件数が前年比3件増

3月9日号

神武寺トンネルの通行再開

逗子市

神武寺トンネルの通行再開

3月9日号

「アカモクを逗子の名物に」

「草津に泊まって応援を」

葉山町

「草津に泊まって応援を」

2月23日号

「はれのひ」 被害者を支援

逗子の老舗着物店

「はれのひ」 被害者を支援

2月9日号

福祉・教育面に重点

葉山町予算案

福祉・教育面に重点

2月9日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク