逗子・葉山版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

「辰」干支飾りなど展示 JR逗子駅文化コーナー、20日から

文化

会長の武智さんが作った辰の人形もブースに並ぶ
会長の武智さんが作った辰の人形もブースに並ぶ

 来年の干支や童子をモチーフにした可愛らしい人形がずらり―。JR逗子駅構内にある文化コーナーで今月20日(火)から1月20日(火)まで「木目込人形・紫陽会」(武智恵子会長=人物風土記=)のメンバーが手作りで製作した木目込人形が展示される。

 木目込人形は木製の人形の一種で、江戸時代から続く伝統工芸品。京都の上賀茂神社に仕える雑掌高橋忠重が、木切れに布を木目込んで人形を作ったのが始まりとされている。

 期間中はブースに会員が丹念に作りあげた人形がおよそ10点ほど並ぶ。同会では「忙しない年末だが、駅利用時に作品を観てほっとしてもらえれば」と話している。

 同ブースは駅の利用客らに文化的な作品を楽しんでもらおうと市文化協会に展示スペースとして開放されているもので、1ヵ月周期で書道や生け花など同会加盟団体らが作品を展示している。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク