逗子・葉山版 掲載号:2012年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

葉山町 6月からPPSを導入 電気コスト削減へ

社会

 葉山町は17日、6月から庁舎で使用する電力の購入先を東京電力から特定規模電気事業者(PPS)へ切り替えると発表した。PPSへの切り替えは県内では横浜市、川崎市、相模原市などが既に導入しており、町村単位では大磯町に次ぐ実施。

 同町によると、昨年1年間庁舎でかかった電気料金は約800万円。契約は1年更新で、東京電力と契約すると同社電気料金引き上げの影響で約100万円増になる。これをPPSに切り替えることで約50万円の節約になるという。

 PPSへの切り替えは、コスト削減のほかに東電の一方的な電気料金値上げや原発事故後の対応不備などに対する抗議の意味もある。山梨崇仁町長は、3月に同社宛に料金の値上げではなく、まずは企業努力による対策を講じることを求める要請書を送っていた。

 就任以降、「原発に頼らない、自然環境に配慮したエネルギーを採用すべき」と主張してきた山梨町長は会見で「(契約したPPSは)火力発電だが、コスト削減という意味で目的のひとつは果たせた」とし、太陽光発電など自然再生エネルギーへの取り組みについては「今後県と連携を強めていきたい」と話した。

■PPSをめぐる現状

 2000年の規制緩和で、大口の顧客であれば電力会社以外の事業者でも電気を売ることができるようになり、新規参入が進んだ。現在、全国に約50社ある。原発事故以降は脱原発エネルギーとして注目度が高まっている。電気代が比較的安価であることに加え、送電線など設備はそのまま使用することができる。一方で電力の安定供給などが課題になっている。今回同町が新たに需給契約を結んだのは(株)ラフ(千葉県流山市)。同町のほか、同町姉妹都市の群馬県草津町にも電力供給を行っている。
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

開設スケジュール見直し

総合病院誘致

開設スケジュール見直し

4月20日号

「生演奏の迫力感じて」

「ふれあいパス」で外出促進

有料席販売がスタート

逗子海岸花火大会

有料席販売がスタート

4月6日号

財政難で開催ピンチ

逗子花火大会

財政難で開催ピンチ

3月23日号

給食センターの計画凍結

葉山町

給食センターの計画凍結

3月23日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク