逗子・葉山版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

「まちいっぱいのハワイアンin逗子2012」の実行委員長を務める 近藤 和善さん 逗子市逗子在住 51歳

親子で思い出の1ページを

 ○…通称「ジョニーさん」。銀座通りにハワイアンショップを経営して6年になる。アロハシャツとウクレレ。南国的な装いがよく似合う。海水浴客が増える夏に合わせ、街おこしの一環として始まった”まちハワ”。自身は実行委員長として5年前から音頭を取ってきた。8回目の開催に「海だけじゃなくイベントを楽しみにしてくれる人も多い。地域にもだいぶ根付いてきた」と手ごたえを感じている。

 ○…親子が一緒に楽しめる場を作りたい―。それが原動力。「僕が子どもの頃は八幡様で寄席があったんですよ」と遠い記憶に思いをはせる。夏の夕暮れ、出店が並び、多くの人で賑わう境内。食べ物を片手に落語を聞いて、みんなで笑った。「親と一緒にでかけて、毎年楽しみだった」。しかし時を経て、寄席はいつの間にかなくなっていた。「そういうものがなくなるのは寂しい。地域に親子で楽しめるものを作る。それは地域の商店街の人たちの務め」

 ○…街全体がハワイアンムード一色に染まるまちハワ。亀岡八幡宮で行われるメーンのフラダンスをはじめ、商店街のいたるところで行われる関連イベント。商店主や銀行員、市職員、街を出歩く人の多くがアロハシャツに袖を通す姿もすっかりお馴染みになった。最近は観光客から「逗子はカラフルな街」と言われることも度々。「今後10年、20年と継続して三浦といえばマグロ、みたいに逗子のひとつの代名詞になれば」と力を込める。

 ○…通称と装いからさぞハワイと縁が深いのかと思いきや実は「関係がない」そう。「全くの日本人。英語も全然ダメ」と笑い飛ばす。通称は幼いころに長女につけられた家族内での”あだ名”。店の名前にも採用するといつの頃かまわりからもその名で呼ばれるようになった。「おかげさまで今や逗子中でジョニーですよ」。根っからの日本人だけどジョニー。むしろ和製ハワイアン発祥の地をひっぱるにはちょうどいいかもしれない。
 

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

峰松 啓さん

活動再開した葉山町室内楽鑑賞会の会長を務める

峰松 啓さん

4月20日号

齋藤 淳太さん

一色ボートを拠点に「一色」の魅力を広めている

齋藤 淳太さん

4月6日号

山田 奈津子さん

トモイクフェスティバルで講座「元タカラジェンヌから教わる!美しい所作」を開く

山田 奈津子さん

3月23日号

石井 由樹子さん

設立5周年を迎えた「森のようちえん 葉山 もりのわ」の代表を務める

石井 由樹子さん

3月9日号

高橋 昭善さん

藻類研究者で相模湾海藻調査会を主宰する

高橋 昭善さん

2月23日号

長岡 武史さん

50周年を迎えた逗子市商工会青年部の第51代部長を務める

長岡 武史さん

2月9日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク