逗子・葉山版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

応募121作から2作大賞に 手作り絵本コンクール

文化

一般の部では中飯さん(左)、子どもの部では岩佐さんが大賞に
一般の部では中飯さん(左)、子どもの部では岩佐さんが大賞に

 逗子市手作り絵本コンクールの入賞作品がこのほど選ばれ、一般の部では大阪府の中飯佳代さん(49)の「かたつむりくん」、子どもの部では兵庫県の岩佐博美さん(7)が描いた「虫の音がくかい」がそれぞれ最優秀賞に輝いた。8日には文化プラザホールで表彰式が行われ、入選16作品の作者に表彰状や記念品が贈呈された。

 9回目を迎えた今回寄せられたのは、一般87点、子ども34点の計121作品。8月には市役所で市民投票が行われ、審査は元市教育長で絵本作家の野村昇司さんら5人が務めた。

 「かたつむりくん」は仲間を探すかたつむりの話。ページの頭文字を読み繋げていくと「なかまができたよさびしくないよ」と読み聞かせのための工夫が凝らされているほか、色使いや素材選びの完成度の高さも評価された。

 「虫の音がくかい」では生まれたばかりのバッタがハチやトンボ、カブトムシらと出会いながら音楽会を開くまでを迫力あるタッチで描き、おまけに英語とベトナム語で名前を書いた”虫カード”も添えた。二人とも受賞を受けて「素晴らしい賞をもらえた」「最優秀賞に選ばれて嬉しい」と喜びを語った。

 最優秀作品は図書館など市内の公共施設で閲覧できるほか、300部は同プラザ窓口で無料配布する。先着でなくなり次第終了。
 

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク