逗子・葉山版 掲載号:2013年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

花粉飛散「今年は多め」 県自然環境保全センターが発表

花粉を飛ばす雄花
花粉を飛ばす雄花

 県自然環境保全センター(厚木市七沢)はこのほど、今春の県内のスギ花粉の飛散量について「過去15年の平均値を大きく上回り、昨春よりも大幅に増加する」との予測を発表した。

 同センターでは昨年11月、県内30カ所のスギ林で花粉を飛散させる雄花の着花量を調査。各林から40本のスギを抽出し、100点満点の採点方式で結果をまとめた。調査結果によると40本の平均値は66・0。一昨年過去最高値を記録した75・3は下回ったものの、昨年の20・7と比べて大幅に増加しており、調査開始15年間の平均値43・0も大きく上回った。同センターによると今春数値は計測から過去5番目の高さ。

 一般的に雄花の着花形成は前年の夏の気象条件との相関関係が強いとされており、高温少雨で日照時間が多いと形成が促されるという。

 作夏は平年に比べ、7月の平均気温が102%、降水量は84%、8月も平均気温が105%、降水量は36%と高温少雨の条件が揃ったことが影響したとみられる。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク