逗子・葉山版 掲載号:2013年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

夜道でも経路見やすく 蓄光材で津波避難表示

社会

今年度は32カ所に設置
今年度は32カ所に設置

 逗子市はこのほど、津波被害対策の一環として、避難経路を表示した路面シートの設置をはじめた。

 最寄の避難場所や距離、方向などを記し、土地勘がない観光客でも円滑に避難できるよう誘導を図る。今年度は逗子海岸や小坪海浜地区など32カ所に設置する。事業費は126万円。今後5カ年計画で市内約200カ所に設置する予定。

 シートは縦70cm×横50cm。避難誘導の記号と矢印に加え「約50m先 津波避難ビル 逗子マリーナ4・5棟」などと表記し、避難場所までの経路が一目で分かるように示している。

 夜間でも視認性が保てるよう、素材には暗闇に対応した蓄光表示材を採用。さらに広角反射タイプの特殊な再帰反射材を使うことで、路面での視認性を高めている。

 問合せは市防災課【電話】046・873・1111まで。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク