逗子・葉山版 掲載号:2013年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

逗子市社協 不要品でお手製グッズ 福祉支援に200個製作

文化

1個300円。福祉会館ほかで販売している
1個300円。福祉会館ほかで販売している

 不要になったCDやDVDを加工品としてリサイクルし、地域福祉の向上に役立てようと逗子市社会福祉協議会は1日から「お互いさまキーホルダー&ストラップ」の販売を開始した。地元地域作業所などと協力し200個を製作。売上げは同社協の地域見守り活動に活用するほか、製作した障がい者の賃金などにあて、地域が抱える課題の解決を図る。

お互いさまキーホルダー&ストラップ

 キーホルダーとストラップは各1個300円。3cm〜4cm大のパネル2つがついており、「ZUSHI」「逗子」などと印字されている。

 同社協では、地域のお年寄りや障がい者らを近所で見守り、サポートする「お互いさま〜地域安心生活サポート事業」を展開。現在830人が「見守りサポーター」として登録し、市内22の地域で活動を行っている。活動は基本ボランティアだが、啓発物の作成など一部で費用がかかるため、どう活動費を捻出するかが課題となっていた。

 そこで同社協職員が何かグッズを作って販売収益を活動費にあてられないかと思案。逗子市はごみ排出ゼロを目指す「ゼロウエイスト政策」を推進していることもあり、同事業の一助にもなればと材料には不要になったCDやDVDを選んだ。さらに、地域の作業所に通所する障がい者らに就労や地域参加のきっかけにしてもらおうと製作の協力を仰いだ。売上げの300円のうち活動費、障がい者の賃金、材料費に各100円ずつあてる。「逗子が抱える3つの課題を少しでも解決できれば」と同社協。

障がい者ら腐心

 「どうしたら手にとってもらえるだろう」。完成にいたるまでおよそ半年間、試行錯誤を繰り返した。剪定バサミでCDを適当な大きさに切り、ヤスリをかけ、光沢面をはがしてからシールを貼って見た目よく。一見してゴミとは分からないほど可愛らしく仕上がり、今年2月に市内のアンテナショップで試しに販売したところ約100個が瞬く間に売れた。店を訪れた人から逗子の土産物として喜ばれたようだ。同社協では「海開きして観光シーズンを迎えればより需要が見込める。今後協力団体にも呼びかけて販路を広げていきたい」としている。

 キーホルダーとストラップは市福祉会館(沼間)ほかマイえるしぃ(桜山)、青い鳥(逗子市役所内)ほかで販売。不要になったCDやDVDは市資源循環課窓口ほか市内公民館などで回収を受付けている。

 問合せは同社協【電話】046・873・8011まで。
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

解体後、有料老人ホームに

葉山研修センター

解体後、有料老人ホームに

7月20日号

市民主導で企画・開催へ

逗子アートフェスティバル

市民主導で企画・開催へ

7月20日号

ドローン活用へ協定締結

葉山町

ドローン活用へ協定締結

7月6日号

長島さんが写真集発売

森戸でのBBQ禁止徹底へ

葉山町

森戸でのBBQ禁止徹底へ

6月22日号

海上遊具が2年ぶり復活

逗子海水浴場

海上遊具が2年ぶり復活

6月22日号

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク