逗子・葉山版 掲載号:2013年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

逗子警察署の「一日署長」を務めた全日本プロレス所属プロレスラー 田中 稔さん 逗子市桜山在住 40歳

不屈の闘志で

 ○…隆々とした筋肉をまとった腕や胸。服の上からでも一見して分かる鍛え抜かれた肉体にプロレスファンの署員が気付いた。「田中稔選手ですよね」。制服姿の署員に声をかけられ「俺、何かやったかな」と一瞬ヒヤリ。8年前から逗子市民。一日署長を請われ「自分にできることがあれば」と快諾した。百戦錬磨の選手だが、一日署長は初めて。「試合では全く緊張しないのに、何度もトイレに行った」。そう笑う表情には少年の様な無邪気さが浮かぶ。取材が始まると「お願いします」と礼儀正しく頭を下げた。

 ○…小学校4年生の時、テレビで見たタイガーマスクの試合に心奪われた。リングを縦横無尽に飛び回る姿はプロレス遊びに興じてばかりいた少年の目に輝いて映った。「いつか自分もあんな試合がしてみたい」。その思いは青春時代に道筋をつける。高校で器械体操を始めたがそれはいつか選手になるのにアクロバティックな動きが必要と考えたから。己の未来図はかくありき。高校を卒業すると藤原組に入門。想像を絶する練習に一度は挫折するも、20歳のときに再び門を叩きプロの世界に返り咲いた。

 ○…相手の技を受けきり、幾度やられてもなお立ち上がる不屈の闘志。伝えたいのは、自らも幼少に憧れたプロレスラーの気概だ。「絶対に諦めない気持ち。足を運んでくれた人に『明日も頑張ろう』と思ってもらえるように」。新日本時代も数々のタイトルを保持し、現在は日本最古のベルトと言われるアジアタッグジュニア王座。自身、どれだけ良い試合をしても満点をつけず、上を目指し続けてきたからこその今がある。

 ○…かつて憧れたレスラーにはなれたかと問われると「まだまだ」と40歳を迎えても向上心は尽きない。来年はプロ生活20周年。節目に全日本プロレスの興行を逗子でやりたいとの思いもある。実現にはハードルも高いが「ぜひ叶えたい」。不屈の闘志を携えた男の言葉は、熱を帯びていた。
 

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

山本 由夫さん

逗子ロータリークラブの第58代会長に就任した

山本 由夫さん

7月20日号

平井 寿奈(じゅな)さん

逗子サーフライフセービングクラブのメンバーで女性初の監視長を務める

平井 寿奈(じゅな)さん

7月6日号

岸田 朋子さん

7月6日に開かれる逗子創業セミナーでモデレーターを務める

岸田 朋子さん

6月22日号

三留 学さん

第30回横浜食肉市場ミートフェアで最高位の「名誉賞」を受賞した

三留 学さん

6月8日号

石黒 雄士さん

逗子市商工会青年部の第52代部長に就任した

石黒 雄士さん

5月25日号

高野 毅さん

第62代逗子市議会議長に就任した

高野 毅さん

5月11日号

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク