逗子・葉山版 掲載号:2013年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

地元中学生が企画 理科ハウスで水族館カフェ

教育

 水族館のこと、もっと魅せます-。

 逗子市池子の私設科学館、「理科ハウス」(森裕美子館長)で6月9日(日)、「水族館カフェ もっと魅せます!水族館」が行われる。午後2時から4時。

 「世界一小さな科学館」を掲げる同館では、「カフェのような雰囲気で気軽に科学に親しんでもらおう」と不定期で専門家を招いたサイエンスカフェを企画。今回は初めて、同館に足繁く通う地元中学生らがテーマやタイトル、案内のデザインまで全て手掛けた。当日は新江ノ島水族館の職員2人を講師に迎え「クラゲってどう飼ってるの」「一番大変な仕事って何」など素朴な疑問をテーマに語り合う。飲み物、菓子付で1500円。小学4年生以上が対象で先着20人。申込みはメールで同館【メール】mail@licahouse.comまで。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

大玉70連発が見どころ

被災地の”今”同世代に伝える

優勝への決意新たに

紫式部の人柄に迫る

交換留学生を募集

逗子ロータリークラブ

交換留学生を募集

7月20日号

火星の観察会

火星の観察会

7月20日号

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク