逗子・葉山版 掲載号:2013年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

7月26日からブルガリアで行われるデフリンピックで、日本選手団ビーチバレーの監督を務める 牛尾 洋人さん 逗子市池子在住 38歳

大舞台の先を見据えて

 ○…聴覚障害者による国際的スポーツ大会、デフリンピック。4年に1度の祭典に向け、ビーチバレーの選手団を率いて海を渡る。大舞台を控え、最後の追い込みに汗を光らせる選手を横目に「一つでも上を目指せるよう、万全に仕上げたい」と意気込む。

 ○…デフビーチバレーはコートや用具など健聴者の競技ルールとほとんど変わらない。ただ試合運びの上で、ならではの要素がある。それはいかにペアが無言の意思疎通を図れるか。チームワークが勝敗の要となる競技で「声が使えず、試合中は手話やアイコンタクトを交わす間もない」からだ。さらに足場は悪く、天候次第では雨や風など予測不能の要素も加わる。「事前の作戦と、限られた時間でどれだけコミュニケーションできるか。常にペアを意識して」と指導を繰り返す。

 ○…以前はプロのビーチバレー選手として活躍。弟とペアを組み、名を馳せた。「僕は大したことない。弟の七光りだったんですよ」。謙虚に微笑む姿に人柄がにじむ。監督を引き受けたのは怪我がもとで前線を退いた2年前。元々デフバレーに関心があったこともあり「自分にできるなら」と快諾した。チームを勝利に導く一方、競技そのものの普及も自らの役割と心得る。競技人口はろう者のバレー選手の中でも一握り。裾野を広げなければ今後の進展は見込めない。逗子海岸や鵠沼海岸、練習場所にあえて人目の多い場所を選ぶのも認知を広めるためだ。

 ○…練習では手話の使えるスタッフが間に入るが、自らも「選手との間には感覚に隔たりがある。自分が歩み寄らないと」と社協の主催する手話講座に通い、基礎的な話術を学んだ。プレーに問題があった時でも、考えを押し付けず、選手がなぜそうしたかを汲み取るよう心がける。デフの指導者としては駆け出しかもしれない。しかし頭の中では「いつか日本勢が世界大会でメダル争いができる常連に」と青写真を描いている。
 

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

山本 由夫さん

逗子ロータリークラブの第58代会長に就任した

山本 由夫さん

7月20日号

平井 寿奈(じゅな)さん

逗子サーフライフセービングクラブのメンバーで女性初の監視長を務める

平井 寿奈(じゅな)さん

7月6日号

岸田 朋子さん

7月6日に開かれる逗子創業セミナーでモデレーターを務める

岸田 朋子さん

6月22日号

三留 学さん

第30回横浜食肉市場ミートフェアで最高位の「名誉賞」を受賞した

三留 学さん

6月8日号

石黒 雄士さん

逗子市商工会青年部の第52代部長に就任した

石黒 雄士さん

5月25日号

高野 毅さん

第62代逗子市議会議長に就任した

高野 毅さん

5月11日号

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク