逗子・葉山版 掲載号:2013年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

横須賀美術館 幽雅な妖怪たち 浮世絵から現代アート100余点

文化

葛飾北斎《百物語 笑ひはんにや》山口県立萩美術館・浦上記念館蔵
葛飾北斎《百物語 笑ひはんにや》山口県立萩美術館・浦上記念館蔵

 古今の日本美術に登場する幽雅な妖怪たちを集めた企画展「日本の『妖怪』を追え!」が横須賀美術館(市内鴨居4の1)で7月13日(土)から始まる。

 近世以前の絵画に描かれた妖怪からは、自然に対する畏れや信仰心が読み取れる。江戸時代には都市で発達した出版文化を背景に、浮世絵や子ども向けの双六にも登場、庶民に親しまれる妖怪が出現した。明治期の文明開化を経て、妖怪表現はさらに多様化。反戦や社会批判を投影したグロテスクな人間像を妖怪として描かれるようにもなった。

 同企画展では、葛飾北斎、歌川国芳、小川芋銭、水木しげるから現代アートに至るまで、時代を超えて表現されてきた様々な妖怪の姿を通して日本人の世界観をあぶりだす。江戸時代の浮世絵、近代の日本画や油彩画、現代美術の作品100余点が飾られる。

 学芸員によるギャラリートーク(8月10日(土)午後5時〜)、講釈師による「怪談の夕べ」(8月10日(土)18時〜)、「探検! 妖怪ワールド」(8月10日(土)午前11時〜)と題した親子企画も実施する。一部事前申込制。

 会期は9月1日(日)まで。観覧料は一般900円、高大生・65歳以上700円。詳細は【URL】http://www.yokosuka-moa.jp/
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

大玉70連発が見どころ

被災地の”今”同世代に伝える

優勝への決意新たに

紫式部の人柄に迫る

交換留学生を募集

逗子ロータリークラブ

交換留学生を募集

7月20日号

火星の観察会

火星の観察会

7月20日号

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク