逗子・葉山版 掲載号:2013年9月6日号
  • googleplus
  • LINE

9月27日からスタートする「逗子アートフェスティバル2013」の実行委員長を務める 渡邉 忠貴さん 逗子市逗子在住 72歳

普段着で楽しんで

 ○…逗子一帯を巻き込んだ初の一大アートイベントまで1カ月を切り、準備もいよいよ大詰め。実行委員長という大役を背負いながら、全体の舵を取る。「国と市からお金も出てるからね。失敗はできない」と重責を感じながらも今回の仕掛けが花開くか、今から期待に胸を膨らませる。「アートと言うと敷居が高いと思われがちだけど、普段着のものとして楽しんでもらいたい。それができれば成功かな」

 ○…中学校に入学したころ、逗子銀座通り商店街をパレードする米軍音楽隊の演奏を聴いて、音楽の魅力を知った。かしこまって向き合うのではなく、ふと聴こえてくる生の音楽に心躍らせる。目指すのは、そんな気軽に楽しめるアットホームな祭典。「まちのあちこちで音楽が流れていたり、絵を描いている人のまわりに自然と人が集まったり」。海外で見られるような光景を、逗子と重ね合わせる。初の試みに試行錯誤も多いが「いい形で来年度に繋げられるよう、内容を検証しながらしっかりとやっていきたい」と意気込む。

 ○…大学時代にラグビーを始め、昨年までシニアチームの選手をしていた生粋のラガーマン。信条とするのはラグビーの精神でもある「One for all,All for one」(一人は皆のために、皆は一人のために)。選手一人ひとりが己の役割を果たしてボールを繋ぎ、試合が終われば敵味方隔てなく健闘を称えあう。その精神が実行委員会にも活きる。実行委員もいわば14人の”選手”。「このメンバーは本当にチームワークが素晴らしい。きっといいものができる」。

 ○…文化プラザ開設時の運営委員や市の文化推進基本計画策定・推進会議の委員長など、行政の取り組みと積極的に関わってきた。「国が自分に何をしてくれるかではなく、自分が国に何をできるか」。ジョン・F・ケネディが大統領就任の際に述べた演説を引き合いに「これからも市への恩返しとして、自分も何ができるか考えていきたい」
 

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

山本 由夫さん

逗子ロータリークラブの第58代会長に就任した

山本 由夫さん

7月20日号

平井 寿奈(じゅな)さん

逗子サーフライフセービングクラブのメンバーで女性初の監視長を務める

平井 寿奈(じゅな)さん

7月6日号

岸田 朋子さん

7月6日に開かれる逗子創業セミナーでモデレーターを務める

岸田 朋子さん

6月22日号

三留 学さん

第30回横浜食肉市場ミートフェアで最高位の「名誉賞」を受賞した

三留 学さん

6月8日号

石黒 雄士さん

逗子市商工会青年部の第52代部長に就任した

石黒 雄士さん

5月25日号

高野 毅さん

第62代逗子市議会議長に就任した

高野 毅さん

5月11日号

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク