逗子・葉山版 掲載号:2014年2月7日号 エリアトップへ

逗子市 生体認証システム導入へ 個人情報保護を強化

社会

掲載号:2014年2月7日号

  • LINE
  • hatena
会見に臨む平井市長(=1月24日、市役所)
会見に臨む平井市長(=1月24日、市役所)

 逗子市は、市職員がパソコンで個人情報などを閲覧する際に指の静脈で生体認証するシステムを導入する。個人情報保護を強化する目的で来年度一般会計予算案に導入費として約670万円を計上。今年7月にも運用を開始するという。

ストーカー殺人事件受け

 同システムの導入は、一昨年同市でおきたストーカー殺人事件に関連する情報管理強化の一環。市から被害者の住所が漏えいした可能性が指摘されていたことを受け、対策強化の検討を進めていた。

 税務や戸籍など住民情報を扱う担当課のパソコン端末に111台を設置。関係職員が事前に登録し、閲覧制限を強める。さらに個人情報を閲覧する際、画面に表示される警告の文字を拡大するなどし、改良も加えるという。同システムの導入費を含む来年度一般会計予算案は2月定例会にかけられ、議会の承認を経て来年度事業に組み込まれる。

 市の個人情報への対策をめぐっては昨年11月、市長や副市長、市幹部職員らから構成される「情報セキュリティー推進本部会議」を設置。同システムの認証導入を含む対策のほか、個人情報にかかるマニュアルの管理徹底、電話など窓口対応での人的ミス防止策、全庁での研修強化など課題検討をあげ、対策を進めている。

 さらに住民情報システムに接続する関係職員については、これまで離席する際にパソコンをログオフする目安としていた「長時間」を「5分」、1時間以上離席する場合には「電源を落とす」、他人のパソコンを使用する場合には「自分のIDとパスワードを利用し、速やかにログアウトする」などし、情報管理の強化に努めているという。

平井市長 報漏えい「認める」

 逗子市の平井竜一市長は先月24日、記者会見を開き、事件被害者の情報が市から漏えいしたことを初めて認めた。これまでは「情報にアクセスした記録はあるが、流出元が市かは特定できていない」との姿勢を一貫していたが、同日探偵業者の男が個人情報を市から不正入手した偽計業務妨害の疑いで再逮捕されたことを受け、「(市から情報が)流出したと判断せざるを得ない」と改めた。

 会見では「容疑者が被害者の情報を不正入手し、犯罪に利用されたことは誠に遺憾」とし、被害者に対して「改めてお悔み申し上げる」と述べた。漏えいは「職員が細心の注意を払っていれば防げた可能性がある」とし、市の責任についても言及。市長自身を含む関係職員の処分も検討する考えを明らかにした。一方で情報にアクセスした職員は現在も特定できていないが、再調査は行わない方針。市民へは「多大な心配をおかけした」と陳謝した。
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6

崖崩れ予兆把握へIT活用

逗子市

崖崩れ予兆把握へIT活用 社会

民間企業と実証実験

6月11日号

クリーンセンター再整備に着手

葉山町

クリーンセンター再整備に着手 社会

下水道工事を実施

6月11日号

待寺氏が初の議長に

葉山町議会

待寺氏が初の議長に 政治

副議長は土佐氏

5月28日号

ウニ拾いで磯焼け対策

ウニ拾いで磯焼け対策 社会

市民が参加 堆肥化にも挑戦

5月28日号

那須町と友好都市協定

葉山町

那須町と友好都市協定 社会

御用邸が縁で交流促進へ

5月14日号

「スマイル」も接種会場に

逗子市

「スマイル」も接種会場に 社会

6月2日から運用開始予定

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter