逗子・葉山版 掲載号:2014年3月7日号
  • googleplus
  • LINE

聖マリア幼稚園 「命の重み知って」

教育

飼い主の手ほどきをうけながら犬との接し方を学ぶ園児ら。「犬も人間と同じで感情がある。正しい接し方を広めていけたら」(佐竹代表)
飼い主の手ほどきをうけながら犬との接し方を学ぶ園児ら。「犬も人間と同じで感情がある。正しい接し方を広めていけたら」(佐竹代表)
 子どもたちに命の大切さを知ってもらおうと先月24日、逗子市新宿の聖マリア幼稚園で「みゅーわん・キッズコンサート」が行われた。動物保護の啓発活動などを展開する「tumugu=つむぐ=プロジェクト」(佐竹加代子代表)が主催。園児らは犬とのふれあいなどを通じて動物との暮らしや接し方を学んだ。

 コンサートは音楽劇で動物愛護を訴える「みゅーまる」と動物の里親募集などを行う「ワンパウ」らが協力。「いぬのおまわりさん」などの歌に声を揃えたほか、「繋がり」を題材にした絵本朗読、後半には犬5頭が登場し、ふれあい体験も行われた。体験では飼い主らが「まずは手を鼻の前に出して、胸を撫でてみて」と犬との接し方を手ほどき。園児らはゆっくりと手を差し伸べ、「ふわふわしてるー」など笑顔を見せていた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク