逗子・葉山版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

「挑戦する気持ちが若さの源」 横須賀市公郷町 諸石亮(まこと)さん(80) 陽子さん(74)

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena

 「踊りが好きな名物夫婦」。横須賀市公郷町在住の諸石亮さん・陽子さん夫妻が熱中しているのは『音楽と踊り』だ。自宅ではプレスリーが流れ、夫婦揃ってライブハウスやレゲエイベントに繰り出す。「自然と身体が動き出す。それが、ただただ楽しい」

 今月、横須賀市内で行われた映画監督による演技レッスンイベント。「おもしろそう」と参加を勧めたのは妻の陽子さん。「”初めて”ということを意識しないで飛び込んでいく、ずうずうしさも必要だよね」と夫の亮さんと共に、初めての”演技”に挑戦。もちろん参加最高齢。お揃いのTシャツで登場し、会場を沸かせた。「難しかったけど、楽しかった。恥ずかしがらずに、新しいことに挑む意欲が、若さの秘訣かな」。二人で顔を見合わせる。

■  ■  ■

 「身体を動かして踊っているだけで、楽しく幸せな気分になる」。首に巻いたバンダナがトレードマークの亮さんのライフワークは、まさに『踊ること』。屋外でのレゲエイベントやライブハウスなど、市内外で行われるイベントへ出向き、音楽に乗せて身体を動かす。ダンスは自己流だが、周囲を自然と明るく、笑顔にしてくれる。

 陽子さんも、子育てがひと段落して以降、フラメンコ・タップ・ヒップホップ―とダンスが生活に溶け込んだ日々を送っている。今も毎日のエクササイズは欠かさない。亮さんが”踊り”に目覚めたのは陽子さんの影響。「結婚した当時、クラシック専門だった主人を、ジャズやロックに引き込んだのは私」とほほ笑む。亮さんは、定年まで検事を勤め上げたが、硬派な仕事の息抜きが、いつしかテニスやダンスになっていた。市内のライブハウス(ヤンガー・ザン・イエスタデイ)では常連に。一人で踊りに行くのではなく、夫婦で揃いのTシャツを着るのがポイント。それも亮さんのデザインだ。「周りの人は夫婦でお揃いなんて恥ずかしい、と言うけどね」と陽子さん。昨年末、「ハグ」をテーマにしたフォトイベントにも参加。そのいきいきとした笑顔は、会場でも注目を集めた。

 音楽を、ダンスを、楽しむ心に年齢は関係ない。イベントのみならず、「踊りが大好きな名物夫婦」として、取り上げられることも多く、そこでの出会いや再会も大きな財産だ。

 「音楽とダンスは、若さと夫婦愛の源であり、栄養剤です」と亮さん。定年してからの20年、病気知らず。「人生、常に刺激が必要。まだまだ、楽しく踊り続けたい」

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

若年女性の立ち直り支援

若年女性の立ち直り支援 社会

元養護教諭が拠点設立

4月16日号

皆既月食を見よう

皆既月食を見よう 教育

望遠鏡作りのワークショップ

4月16日号

逗子ゆかりの落語家公演

逗子ゆかりの落語家公演 文化

三遊亭わん丈さん独演会

4月16日号

女性解放運動家の生涯辿る

女性解放運動家の生涯辿る 文化

『一粒の麦』来月上映

4月16日号

海上の妙技 堪能して

海上の妙技 堪能して スポーツ

逗子海岸でウインド大会

4月16日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter