逗子・葉山版 掲載号:2014年4月4日号 エリアトップへ

(PR)

自分の血液を使った若返り術が進化、「プレミアムPRP皮膚再生療法」 Q&A 目の下のクマ・ほうれい線が気になる30〜60代の方が注目、進化型PRPとは

掲載号:2014年4月4日号

  • LINE
  • hatena
片岡二郎院長
片岡二郎院長

 「最近、シワやくぼみが目立って疲れてみえる」そんな方のための若返り術が「プレミアムPRP皮膚再生療法」。自己血を使うPRP療法が更に進化した同治療法について聖心美容クリニック横浜院の片岡二郎院長にお話しを伺いました。

 Q 「プレミアムPRP皮膚再生療法」とは?

 A ご自分の血液を使った「PRP治療」は、血液からPRPという成分を取り出し、気になる部分に注入するという若返り術です。当院で行っている「プレミアムPRP皮膚再生療法」は、さらにこのPRPに成長因子(グロースファクター)を加えて、これまで効果が安定しにくかった目の下のクマ・くぼみ、口のまわりのシワ(ほうれい線)・首のシワ・手の甲、深いシワにも対応する治療法となっています。当院ではその蓄積されたノウハウにより、一人ひとりの症状に応じて成分濃度や注入量、注入部位を調節するオリジナルメソッドを確立しています。従来施術では1回の注入で効果が約1年、同治療法では1回の注入で約3年以上効果が持続(個人差あり)するということで費用と効果のバランスがよいのもこの治療法が選ばれる理由です。施術部位は「目の下」と「ほうれい線」が圧倒的に多く、年代別では30〜60代の方が多く受けています。注入医療は医師の経験と技術が問われるので、豊富な症例を持つ専門医に相談するのが安心でしょう。

 Q デメリットはないのでしょうか?

 A 術後、多少腫れる場合がありますが、当院では腫れ・内出血を軽減可能な特殊な注射針を使用しています。なお当院は2008年にこの治療法を導入、症例数は現在19967件を超えています(2008年4月〜2014年2月)。最近では一度当院でこの治療を受けた方が、数年後に他の部位で同じ治療を受けるリピート治療が目立ってきています。

目の下のたるみグマ、肌の凹凸、ほうれい線などに
目の下のたるみグマ、肌の凹凸、ほうれい線などに
一人ひとりの症状に合わせ、濃度や注入量を変える
一人ひとりの症状に合わせ、濃度や注入量を変える

聖心美容クリニック

横浜市神奈川区鶴屋町2‐24‐1谷川ビルANNEX7F

TEL:0120-488-505

http://www.biyougeka.com

逗子・葉山版のピックアップ(PR)最新6

現代に合ったお墓の形

現代に合ったお墓の形

樹木葬・室内墓・家族墓・合同墓「長運寺霊園」

4月3日号

片付け不要で古家売却

ウスイホーム逗子店

片付け不要で古家売却

状況問わず即現金化

4月3日号

「チャームスイート東逗子」が5月オープン

有料老人ホーム

「チャームスイート東逗子」が5月オープン

現地見学会 随時開催中

4月3日号

「良質肥料あります」

「良質肥料あります」

15kg入り1袋100円で販売

3月20日号

屋根等の修理が無料

「保存版」必見。3つのお得情報 火災保険適用

屋根等の修理が無料

「あぶない!」雨漏りは白アリ・漏電火災の原因に

3月20日号

フォトラリー参加募集

みどりのパワー&癒やしスポット巡り

フォトラリー参加募集

もれなくグッズ進呈 抽選で賞品も

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク