逗子・葉山版 掲載号:2014年4月4日号 エリアトップへ

近代美術館葉山 生命息づく大作一堂に 5日から「宮崎進展」

掲載号:2014年4月4日号

  • LINE
  • hatena

 葉山町一色の近代美術館葉山であす5日(土)から企画展「立ちのぼる生命 宮崎進展」がはじまる。戦後を代表する美術家のひとり、宮崎進さんの作品や取材資料などを一堂に展示し、その人生や作風に迫る。6月29日まで。

 宮崎さんは1922年、山口県徳山市(現周南市)の生まれ。20歳で出兵し、敗戦後4年間のシベリア抑留を経て、戦後創作活動を再開させた。50年代に光風会、日展に作品を出展。60年代には「旅芸人シリーズ」、70年代には「裸婦像」、また近年は麻布などを貼り付けたコラージュ作品に精力的に取り組むなど、様々に画風を変えながらその存在感を示してきた。

 同展では、04年のサンパウロ・ビエンナーレに出品された縦2m×横4mを超える大作「泥土」をはじめとした大型作品を一挙に展示。絵画、立体作品のほかスケッチや取材写真なども加え、これまでの軌跡を回顧する。会期中は記念講演など関連企画も企画されている。入館は午前9時30分から午後5時(入館は4時30分まで)。月曜休館。観覧料は一般900円(65歳以上650円、高校生100円)。問合せは同館【電話】046・875・2800

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

この街に似合う店に

頑張る企業応援!

この街に似合う店に 文化

SUNDOWNER東京オムレツ

3月20日号

”葉山マラサダ”人気上昇中

地元起業家

”葉山マラサダ”人気上昇中 経済

旬の味や店舗とコラボ続々

3月20日号

「飲食店ができることを」

「飲食店ができることを」 社会

学童へ弁当 子も手伝い

3月20日号

手を合わせ心寄せる

手を合わせ心寄せる 社会

市民団体が被災地支援

3月20日号

しおさい公園開放

逗子葉山駅に駅名変更

京急電鉄

逗子葉山駅に駅名変更 社会

記念企画を実施中

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月20日号

お問い合わせ

外部リンク