逗子・葉山版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

海水浴場市民検討会 「組合不在では議論にならぬ」

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena
検討会の様子
検討会の様子

出席求む声相次ぐ

 市民を交えながら逗子海水浴場の規則やルールについて協議する「逗子海水浴場のあり方検討会」の第2回の会合が15日に行われた。前回に続き、市と係争中の逗子海岸営業協同組合は不参加だったが、参加者からは「ルールを話し合う上で当事者がいなくては議論にならない」など組合代表者の出席を求める声が相次いだ。

 この日は、公募市民や自治会代表者、行政関係者など23人が出席。今夏の開設に向け、市が素案を作成したルールの内容を協議するのが目的だったが、公募市民の一人から「ルールは主に海の家の事業者に対するもの。当事者が不在のまま議論を進めることに違和感がある」と異論が出た。

 検討会メンバーには当初、海の家を運営する組合の代表者もあがっていたが、改正条例案の内容に不服があるとして組合が市を相手どって提訴。現在係争中のため、市は初回から組合の出席を求めていない。一方で、組合側は今夏の運営方針について自主ルールの策定を進めている。

 「仮に組合不在のまま協議をしてルールが決まっても、組合側が守らなければ話し合う意義すらなくなる」と意見を述べた男性は訴えた。これについて市は「ルールを作る上で組合の意思を確認することも必要」とし今後検討会に組合関係者を呼ぶか、市長に報告の上、検討するとした。

 今回の検討会での意見を受け、逗子海岸営業協同組合の原敦理事長は「話合いの場を持ちたいのは組合も同じ。要請があれば参加したい」としている。

 次回検討会は5月8日に開催される予定。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

自慢の愛艇は木製手づくり

自慢の愛艇は木製手づくり 文化

豊岡さんのカヌー 大海原へ

11月20日号

県内書家30人作品一堂に

撤退から「存続」へ

撤退から「存続」へ 経済

新店舗名、立地などは未定

11月20日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

11月20日号

プレミアム付食事券、発売

Go To Eat

プレミアム付食事券、発売 経済

LINEやコンビニで

11月20日号

エコバッグ作ります

販促品・記念品に

エコバッグ作ります 文化

完成までサポート

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク