逗子・葉山版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

28日から逗子文化プラザで写真展「親子」を開催する写真家 ブルース・オズボーンさん 葉山町一色在住 63歳

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena

親子の絆に魅せられて

 ○…ファインダー越しに見た「親子」の姿に魅せられた。「Family」とも「Parents and Children」ともどこか違う。日本独自の言葉から生まれる独特の関係性。両者の間に在る絆と言い換えてもいいかもしれない。それは青い瞳に新鮮に映った。モノクロ写真が放つ強烈なまでの存在感。「この中に、日本人のルーツがあるような気がするんです」。これまで撮影してきた親子は実に4500組にのぼる。

 ○…時は30年前に遡る。来日して間もなく、撮影の依頼が舞い込んだ。「パンクロック雑誌の表紙を撮ってほしい」。モデルは当時の音楽シーンを代表するパンクロッカー。承諾した一方で、依頼元にはある注文を添えた。「彼の違った面も見たい。お母さんを一緒に連れてきてもらえますか」。パンクと母親。アナーキズムと慈愛。対極とも言える被写体だったが一つになった時、そこには今までなかった”化学変化”が起きた。少し照れくさそうに、母親の肩に手をまわすモヒカン姿の男性と嬉しそうに笑みをたたえる女性。一つの親子の等身大が、浮かび上がった瞬間だった。

 ○…過去の時代を引き継いできた親と、未来を紡いでいく子。その時間軸が一つの作品になって現れる。親子の写真はいつしか自らのライフワークとなった。「親子の繋がりは一番基本的な関係そのもの。心のベースになるような写真が撮りたい」。喧嘩もすれば、日々の生活では色々なことがあるに違いない。でも、原点に立ち戻れる1枚を。ファインダーを覗きながらそんな思いを込める。

 ○…「父の日や母の日があるように年に1度、親と子が向かい合う日があってもいい」。7月の第4日曜日を「親子の日」とする活動も今年で10周年を迎えた。毎年100組の親子をスタジオに招待し、撮影した写真を記念に進呈する。かかる負荷も相応だが「体力の限り、続けたい。いつか母国にも『OYAKO』という言葉が広まれば」。そんな青写真も描いている。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

天野 純治さん

横須賀美術館で展示を行っている

天野 純治さん

葉山町在住 71歳

11月20日号

石井 康生さん

逗子・葉山アマチュア無線クラブの会長を務める

石井 康生さん

逗子市在住 56歳

11月6日号

山口 明さん

葉山の魅力を発掘、発信している

山口 明さん

葉山町在住 68歳

10月23日号

加藤 慶一さん

一般社団法人Regional Sportsの代表を務める

加藤 慶一さん

逗子市在住 36歳

10月9日号

宮澤 久美さん

オーダーメイド服飾デザイナーとして活動している

宮澤 久美さん

逗子市在住 53歳

9月25日号

須永 笑顔(えがお)さん

セーリング競技のジュニアオリンピックで優勝した

須永 笑顔(えがお)さん スポーツ

葉山町在住 17歳

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク