逗子・葉山版 掲載号:2014年10月10日号 エリアトップへ

名越緑地の里山 実りの秋、稲穂たわわ

教育

掲載号:2014年10月10日号

  • LINE
  • hatena

 名越緑地(逗子市久木)一角にある里山で8日、稲刈りが行われた=写真。田んぼを管理する虹の会メンバーらが企画したもので、この日は6月に稲を植えた池子小学校の5年生44人も参加。子どもたちは黄金色の稲を収穫しながら実りの秋を楽しんだ。

 品種は茅ヶ崎産の「きぬひかり」。田植え後、会員が交代で水遣りや雑草駆除をしながら大事に育ててきた。今夏の猛暑の影響あってか稲穂はずっしりとたわわに。「台風の影響が心配だったが多少倒れただけで済んだ。今年は豊作だ」と同会の中嶋由行さんは満足そう。

 集まった子どもたちは鎌を手に早速稲刈りに挑戦。「根本をしっかり押さえて、まわすようにぐっと引いて」とメンバーの手ほどきで稲を刈っていった。稲は縄でひとまとめにし、竹で作った台にかけて天日干しに。2週間ほど乾燥させてから会員が脱穀、精米する。今回子どもたちが収穫した稲で概ね5キロの米ができるといい、来月には再度子どもたちを招いて収穫祭を行うという。参加した児童のひとりは「やっぱりおにぎりがいいな。食べるのが楽しみ」と笑顔を見せていた。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

アカペラと和太鼓がコラボ

アカペラと和太鼓がコラボ 文化

2月、ワークショップも

1月21日号

シェアサイクルの感想募集

池田通りでお得に買い物

池田通りでお得に買い物 経済

「プレミアム商品券」販売中

1月21日号

小坪に車中泊スペース誕生

小坪に車中泊スペース誕生 経済

試行的運用開始 活性化目指し

1月21日号

春告げる「わかめ干し」体験

春告げる「わかめ干し」体験 社会

市観光協会らが参加者募集

1月21日号

「アマモの苗大きくなあれ」

「アマモの苗大きくなあれ」 教育

一色小で環境授業

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook