逗子・葉山版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

(PR)

新逗子駅徒歩0分「ノブデンタルクリニック」 「その入れ歯、合っていますか?」

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena

口腔内に合わせた見直し重要 歯を失ってしまったときにその機能を補ってくれる入れ歯。日頃の手入れはしていても、何年も同じものを使っているなら口に合わなくなっているかも――。

 「年齢を重ねると骨や歯茎が痩せやすくなるなど、口腔内の環境は変化します。入れ歯も今の状態に合ったものに見直すことが重要です」と話すのは京急新逗子駅から徒歩0分にある「ノブデンタルクリニック」の三壁信洋院長だ。三壁院長によると合わなくなった入れ歯は緩くなったり外れやすくなるため、無理に使い続けていると痛みが出たり、その影響で残りの歯を傷つけてしまうこともある。「今ある歯をしっかり使うためにも、合わないと感じたら早期に専門医に相談することが肝要」という。

 また日進月歩の歯科医療。時が経てば新しい技術ができ、治療の選択肢が増える。「例えば入れ歯であれば今は金属やバネを使わないもの、見た目が従来のより良いものもありますし、噛み心地を求めるならインプラントという選択肢もある。医師と相談し、一番適した方法を選んでほしい」と同院長。同院では口腔内の状態に合わせてその人に合った治療方法を提案しているほか、様々なニーズに対応できるよう最新設備を揃える。「『そろそろ入れ歯を作り変えたい』『もう少し良いものに変えたい』という方はお気軽に相談下さい」と話している。

ノブデンタルクリニック

逗子・葉山版のピックアップ(PR)最新6

口内炎が治りにくい

神 歯 大附属病院

口内炎が治りにくい

口腔がん検診のすすめ

1月21日号

補聴器購入は専門店へ

めがねの荒木 逗子店

補聴器購入は専門店へ

今年は「よく聞こえる」1年を

1月21日号

特製ナルゲンボトルいかが

特製ナルゲンボトルいかが

自治会や企業の記念品に

1月21日号

所有不動産で困っていませんか?

ウスイホーム逗子店

所有不動産で困っていませんか?

無料相談・無料査定を実施中

1月7日号

社交ダンスで若返る!?

社交ダンスで若返る!?

コロナ対策万全、認知症予防にも

1月7日号

時流に乗って次のその先へ

学校法人 神奈川歯科大学 鹿島勇理事長インタビュー

時流に乗って次のその先へ

先見性と行動力でアフターコロナ、ウイズコロナの時代を乗り切ろうとする鹿島勇理事長が掲げる2022年のスローガンは「時流に乗って次のその先へ」。慎重かつ大胆に、将来に向けた大学・病院経営の成長戦略を進めていく。

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook