逗子・葉山版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

山の根自治会「児童見守り隊」の発起人 川瀬 泰弘さん 逗子市山の根在住 80歳

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena

見守り活動は「生きがい」

 ○…10年前、山の根自治会で発足した「児童見守り隊」。久木小学校に通う児童の安全を確保しようと現在45人の有志が登下校時の見守り活動を行っている。節目となった今年、活動の足跡をまとめたポスター展を催した。児童から贈られた色紙には「6年間ありがとうございました」「下校時、緑の帽子を見ると安心できました」と見守りへの感謝が並ぶ。「別に苦労してるわけじゃないけどね、こういう言葉が励みになるよ」

 ○…今もなお減らない幼い命を狙う事件。05年、栃木で起きた犯行を報道で知って、例えようのない憤りを覚えた。「残された遺族の思いはいくばくか」。同じことを、自分が暮らす地域で起こさせたくない。その一心から見守り隊を発案したが、誰がいつどのように、パトロールがいいのか、または定点で行うのが良いか。地域のいたる場所へ足を運ぶなど1年がかりで情報をまとめあげ、活動の手法を自治会に提案した。その規約は今も礎に。「曜日を決めて、会員の負担を分担したのが成功の鍵だったのかもしれない」と振り返る。

 ○…今でこそ地域のお年寄りにことあるごとに頼られる存在だが、勤めていた当時は地域との繋がりはほぼ皆無だった。「家のことは妻にまかせきり。近所のこともよく知らなかった」。経験があるからこそ、現役時代は仕事一筋になる気持ちは分かる。ただ「それでも地域との繋がりはあった方がいい」。最近では越してきて積極的に地域に関わる若い世帯も多く「いい意味で時代が変わってきた」とも感じている。

 ○…目に見える活動をすることで、通りがかる人たちとのあいさつが生まれ、言葉を交わすコミュニケーションの場に。見守り活動は地域の繋がりの場としての役目も担っている。話の終り、10年間活動をする自身の原点を尋ねるとこう返した。「生きがいだよ。だからね、私は元気なうちは絶対にやめないんだ」。言葉に迷いはなかった。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

杉田 篤史さん

アカペラグループ「INSPi」(インスピ)のリーダーを務める

杉田 篤史さん

逗子市在住 43歳

1月21日号

友田 慶樹さん

一般社団法人逗子葉山青年会議所第59代理事長を務める

友田 慶樹さん

葉山町在住 36歳

1月7日号

シャンティさん(SHANTI SNYDER)

ソロデビュー10周年を迎え、逗子で記念公演を行う

シャンティさん(SHANTI SNYDER)

逗子市在住 40歳

12月3日号

坂元 亮介さん

俳優で児童虐待をテーマにした映画『189』に出演した

坂元 亮介さん

逗子市在住 62歳

11月19日号

町屋 雄三さん

ワイズミュージックコンサートを開催する

町屋 雄三さん

逗子市在勤 42歳

11月5日号

山口 冴希さん

「BEATICE」代表でお米や田園の魅力を発信している

山口 冴希さん

葉山町在住 35歳

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook