逗子・葉山版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

「いのちの森」大きく育て 千本の苗木を植樹

文化

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena
森の会メンバーの手ほどきで苗木を植える子どもたち
森の会メンバーの手ほどきで苗木を植える子どもたち

 逗子第一運動公園の一角で11日、「いのちの森つくり」と題した植樹イベントが行われた。この日は主催したほととぎす隊自然部会・いのちの森の会(野口宗一会長)メンバーのほか、応募で集まった市民約80人も参加。およそ1時間にわたって千本の苗木を植え、額に汗を浮かべた。

 「いのちの森」は常緑広葉樹の森の呼称で、山や海の様々な生物を育むだけでなく、過去の大火や大地震の際に人々の命を守ったことに由来するという。逗子市でも近年の宅地開発で緑地が年々減っていることから、同会では市街地の緑を増やそうと5年前から植樹を実施。これまで逗子小学校と久木小学校で計5回、1300本以上の苗木を植えてきた。

 今回植えた苗木はドングリやタブを主木にした18種類。「根を傷つけないようにポットから苗木を抜いて」と会員の手ほどきを受けながら地面に穴を掘り、苗木に優しく土をかぶせた。森は今後しばらく同会メンバーが手入れをする予定で、3年から4年ほどで人の丈ほどの森に育つ見込みという。参加した高校2年生の女子生徒は「将来も逗子に住み続けたいので、たくさん自然を残したい。大きく育ってほしいと願いをこめました」と話していた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

アカペラと和太鼓がコラボ

アカペラと和太鼓がコラボ 文化

2月、ワークショップも

1月21日号

シェアサイクルの感想募集

池田通りでお得に買い物

池田通りでお得に買い物 経済

「プレミアム商品券」販売中

1月21日号

小坪に車中泊スペース誕生

小坪に車中泊スペース誕生 経済

試行的運用開始 活性化目指し

1月21日号

春告げる「わかめ干し」体験

春告げる「わかめ干し」体験 社会

市観光協会らが参加者募集

1月21日号

「アマモの苗大きくなあれ」

「アマモの苗大きくなあれ」 教育

一色小で環境授業

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook