逗子・葉山版 掲載号:2014年11月7日号 エリアトップへ

秋彩る菊の壁 今年で見納め 桜山の加茂さん、お披露目18年

文化

掲載号:2014年11月7日号

  • LINE
  • hatena
約40種が色鮮やかに咲き誇る「立ち懸崖菊」と加茂さん(=桜山の自宅前)。4日現在で7分咲き程度、今月中旬頃までが見頃という
約40種が色鮮やかに咲き誇る「立ち懸崖菊」と加茂さん(=桜山の自宅前)。4日現在で7分咲き程度、今月中旬頃までが見頃という

 自宅で育てた菊を長年地域にお披露目している男性がいる。逗子市桜山在住の加茂幸次さん。これまで18年に渡って道路に面した自宅フェンスに「菊の壁」を作ってきたが、今年いっぱいでその歴史に幕を閉じることにした。加茂さんは「丹精込めた自慢の菊。散歩がてらに楽しんで」と話している。

 逗子警察署横の脇道を入っておよそ50m。歩みを進めるとかぐわしい香りとともに高さ2m近い菊の壁が現れる。菊は「立ち懸崖」という仕立てを主に「ドーム菊」や「3本立て」などがずらりと並んでおり、赤や紫、黄色など色鮮やかな花が毎年行き交う人々の目を楽しませてきた。

 勤めていた時からまちの美化活動、とりわけ花や草木の植栽に関心があったという加茂さん。「綺麗なものを見るとそれだけで心が和む。退職したら本格的に菊を作ろうと決めていた」と振り返る。逗子に移り住み、地域への恩返しにとお披露目を始めて18年。花が咲く季節になると近所の人が散歩に訪れたり、遠方からも菊目当てに見学に訪れたり、今では「加茂さんの菊」と言えば地域では馴染みの風物詩になった。

 菊作りは1年がかりで日々の雑草取りや水遣りはもちろん、苗の植え替えや葉ダニや菌の付着を防ぐための消毒、大雨や風が吹けば屋内にポットを避難させたりと作業にはいとまがない。それでも「綺麗ですね」「今年も来たよ。見事だね」通行人からのそんな何気ない一言が励みで毎年続けてきた。とはいえ、気力体力を要する菊づくり。80歳を過ぎ、手間暇のかかる作業が年々負担になってきた。18年来会長を務めてきた逗子菊花会が昨年末解散になったこともあり、「立ち懸崖は今年で最後。今後は三本立てやドーム菊を細々とやっていこう」と今回を節目に据えた。「菊を見て感動してくれる人の姿に接すると多少は地域社会に役立てたのかなと思う。これまで続けてこられたことに感謝したい」。加茂さんによると菊は今月10日〜15日頃が見頃という。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

「神奈川モデル」導入へ

逗子市葉山町

「神奈川モデル」導入へ 社会

自宅療養者を24時間サポート

9月24日号

オンライン授業の活用進む

公立小中学校

オンライン授業の活用進む 教育

保護者の協力不可欠な子も

9月24日号

妊婦への優先接種開始

逗子市

妊婦への優先接種開始 社会

配偶者や親も対象

9月10日号

英国選手艇を展示

葉山マリーナ

英国選手艇を展示 スポーツ

五輪の熱気伝える

9月10日号

高谷逗子市議が出馬表明

神奈川4区

高谷逗子市議が出馬表明 政治

次期衆院選は激戦必至

8月27日号

18歳以上の予約開始

葉山町ワクチン接種

18歳以上の予約開始 社会

個別医療機関でも受付

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook