逗子・葉山版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

光の不思議、見て触って体感 理科ハウス(池子)で「ピカリ展」

教育

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena
手作りのプラネタリウムと館長の森裕美子さん
手作りのプラネタリウムと館長の森裕美子さん

 逗子市池子にある”世界一ちいさい科学館”「理科ハウス」で企画展「ピカリ展」が始まった。来館者が展示品を見たり触れたりしながら光の進み方や性質などを体感できる仕掛けが随所にちりばめられており、子どもから大人までが楽しめる内容となっている。4月5日(日)まで。

 同館一階に設置された4mほどのドーム。中に入るとブラックライトとともに清涼飲料水や岩塩、洗剤などが並ぶ。「光を当ててみて」と話すのは館長の森裕美子さん。ビタミンや蛍光剤に暗色を当てるとどうなるかという実験だ。この他にもドーム内の小さな穴から外の景色を映してみたり、静電気で壊れた蛍光灯を光らせたり。開館日の午後4時からはプラネタリウムの投影で天体やオーロラについても学ぶことができる(土日は午後2時と4時からの2回・初回のみ100円)。

 同館スタッフは森さんを含み、山浦安雲さんのわずか2人だが、地域の子どもたちに気軽に科学の面白さに触れてもらおうと、展示内容に工夫を凝らす。来館者には開館以来の”常連”も多く、山の根に住む田中英祐君(13)は「色々な展示会があって、説明も聞ける。学校の授業も楽しくなります」と話した。

 開館は午後1時から5時。入館料は大人100円、中学生以下無料。月・金曜ほか休館。問合せは同館【電話】046・871・6198
 

羽根ごしに手のひらを覗くと…
羽根ごしに手のひらを覗くと…

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook