逗子・葉山版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

中高生らが防災人形劇企画 震災の記憶"つなぐっぺし" 3月11日、文化プラザで

教育

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena
衣装を着て人形劇をPRする「3・11つなぐっぺし」のメンバーら
衣装を着て人形劇をPRする「3・11つなぐっぺし」のメンバーら

 東日本大震災の風化防止と復興支援を逗子から発信しようと、活動を続けている学生たちによるボランティア団体がある。グループ名は「3・11つなぐっぺし」。震災から丸4年となる今年は震災の教訓を地域の防災に活かしてもらおうと防災人形劇を企画した。

 メンバーは地域の学校などに通う中学生から大学生までの約30人。2013年9月に(一社)逗子葉山青年会議所が主催した被災地支援のボランティアバスツアーに参加したメンバーが有志で立ち上げた。

 モットーは「楽しく続けること」。月1度の定例会ではサポーターの助言を受けながら、子どもたち自らが「今自分たちにできること」を話し合い活動の方針を決める。これまで被災地のボランティアを招いた郷土料理教室やハザードマップを手にクイズに答えながら避難路などを確認する「防災遠足」などを企画し、いずれも好評を博した。

 今回の防災人形劇はメンバーらが被災地で目の当たりにしてきた現実を広く伝えようと企画。川崎市の人形劇団「デフ・パペットシアター・ひとみ」を招き、津波の恐ろしさや障がい者が災害時に遭遇する状況やその対応について学ぶ。「人形劇なら小さな子どもから大人まで一緒に観ることができる。家族で防災について考えるきっかけにしてほしい」とつなぐっぺし代表の田島梨央さん(15)。

 人形劇「稲むらの火」は3月11日(水)、逗子文化プラザなぎさホールで午後6時から(開場は5時30分)。当日券は大人1100円(事前予約は千円)、高校生以下600円(同500円)。問合せはサポーターの服部さん【携帯電話】080・5095・5763
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

アカペラと和太鼓がコラボ

アカペラと和太鼓がコラボ 文化

2月、ワークショップも

1月21日号

シェアサイクルの感想募集

池田通りでお得に買い物

池田通りでお得に買い物 経済

「プレミアム商品券」販売中

1月21日号

小坪に車中泊スペース誕生

小坪に車中泊スペース誕生 経済

試行的運用開始 活性化目指し

1月21日号

春告げる「わかめ干し」体験

春告げる「わかめ干し」体験 社会

市観光協会らが参加者募集

1月21日号

「アマモの苗大きくなあれ」

「アマモの苗大きくなあれ」 教育

一色小で環境授業

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook