逗子・葉山版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

田越川に生息する鳥を撮り続けているアマチュアカメラマン 小林 宏一郎さん 逗子市池子在住 76歳

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

自然の魅力、伝えたい

 ○…水辺で羽を休めるカワセミ、くちばしで魚を捕えるカワウ、爪で頭をかくコサギ――。自身がファインダー越しに切り取る1枚は時に躍動感激しく、時に愛らしい鳥たちの仕草を浮かび上がらせる。逗子の市街地を流れる田越川に生息する鳥を写真に収め続けておよそ8年。これまで撮影した種類は60種類以上にものぼる。

 ○…「身近な川にもまるで図鑑のように、たくさんの生き物がいるんですよ」。川の魅力について語ると自然と笑みが浮かぶ。自称、「田越川大好き人間」。定年後に趣味でカメラを始めたところ、日頃見落としてしまう何気ない景色の中にも、目を凝らせば鳥や虫、木々など四季折々の息遣いが感じられることに気が付いた。「今日はどんな出会いがあるのか」と心を弾ませながら、今も週に4日ほどは自宅から愛用の一眼レフを片手に田越川沿いをのんびりと歩く。「辛抱強く待っていると時々鳥が狙ったかのように餌をとったり、ホバリングしてくれたり『気持ちが通じる』ことがある。そういう瞬間が面白い」

 ○…東京に生まれ、戦後は父の生家がある長野に移り住んだ。小学生から中学生まで、遊び場は常に周囲を取り巻く雄大な自然。学校が終われば、夏は川で泳いだり冬はスキーをしたり。「今は遊ぶものがたくさんあって自然との接点が少なくなっている気がする。子どもたちにはもっと身近な自然の楽しさに触れてほしい」。自然の魅力を次世代へ――。毎年、逗子の子どもフェスティバルで作品を展示しているのもそんな思いからだ。

 ○…4度目の出展となる今年は市内在住の写真家、磯貝高弘氏と2人展を開催する。テーマは「かわいい野生の生きものたち」。逗子の森林と田越川水系を生活の糧としている鳥や昆虫の姿を一堂に紹介する。「作品を通して、小さくても必死に生きる命の尊さ、自然と共生することの重要性が少しでも伝えられたら」
 

逗子・葉山版の人物風土記最新6

長峰 宏治さん

逗子市内で様々な企画をプロデュースしている

長峰 宏治さん

逗子市在住 46歳

10月18日号

清岡 優子さん

バイオリニストで「デュオハヤシ国際コンクール」で優勝した

清岡 優子さん

逗子市久木在住 37歳

10月4日号

田嶋 博雄さん

(一社)逗葉医師会の会長に就任した

田嶋 博雄さん

逗子市在住 71歳

9月20日号

松苗 幸希さん

セーラーとして東京五輪を目指している

松苗 幸希さん

葉山町在住 33歳

9月6日号

箕輪 亮佑さん

スペインセーリングチームの市民応援団で活躍する

箕輪 亮佑さん

小坪在住 23歳

8月23日号

尾前 芳樹さん

逗子・葉山コミュニティ放送株式会社の代表取締役社長に就任した

尾前 芳樹さん

横須賀市秋谷在住 55歳

8月9日号

梶川 精二さん

(公社)鎌倉法人会の会長に就任した

梶川 精二さん

葉山町下山口在住 68歳

7月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク