逗子・葉山版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

農業法人の里山再生事業 ネット寄付で挑戦者"志援"

経済

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena

 横須賀市と葉山町にまたがる湘南国際村「めぐりの森」の一角で、農業生産法人「森と畑の学校」が、農業を通じた森林と里山の再生に挑んでいる。県が募った遊休地活用策で事業採択を受け、2013年9月に活動をスタート。だが、広大な敷地の開墾などに必要な人手と運営資金の不足などで軌道に乗れていない。こうした状況の打開に向けて、同法人の協力者がクラウドファンディング(ネット寄付)を活用して資金や応援者を集めている。再生活動の周知も図りたい意向だ。

*  *  * 

 民間事業者の開発計画がとん挫し、荒廃していた土地を県が無償で譲り受けた「めぐりの森」。緑の再生と保全を打ち出しており、それを実践する事業者として「森と畑の学校」が県から5haの土地を借り受けた。入植から2年、代表を務める葉山町在住の伊藤力さん=写真右=が中心となって、土壌管理や下草狩りなどを行いながら畑を開墾してきた。無農薬栽培、少量多品種を掲げ年間で170種の野菜を生産しており、現在は都内の産直市や「スズキヤ」の一部店舗で販売されている。”農園スーパー”と名付けた独自の販売システムも設けており、畑を訪れて、自分で収穫したものを量り売りで購入できる。新鮮野菜の販売と農業体験。都市近郊の地の利を活かした新しい農業のビジネスモデルの確立をめざしている。

 ただ、課題も抱えている。そもそも事業用地だったため、肥沃な農地へと転用するには時間と労力が必要。伊藤さんともう1人の従事者、サポートメンバー数人の体制では、まかないきれていないのが実情だ。農業を志す若者を受け入れることも思い描いているが、活動の認知度の低さがネックとなり、進んでいない。

 こうした状況の改善に、同法人の協力者がクラウドファウンディングを通じた応援プロジェクトを始動させた。7000円から応援(寄付)することが可能で、金額に応じて里山で収穫した食材を味わえるほか、花や野菜の種を譲り受けることができる。協力方法はモーションギャラリーのサイト内に詳細。【URL】https://motion-gallery.net/projects/NORAH-PARTY_HAYAMA
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

ニュースポーツ支え広める

ニュースポーツ支え広める スポーツ

葉山町長柄在住 長谷川さん

10月18日号

体動かし楽しむ1日

体動かし楽しむ1日 スポーツ

逗子でスポーツの祭典

10月18日号

小松亮太さんら出演

タウンニュース社主催

小松亮太さんら出演 文化

タンゴスペシャルコンサート

10月18日号

「ファイア」リニューアル

キリン缶コーヒー

「ファイア」リニューアル 経済

火をテーマに20周年

10月18日号

脳性まひの天才画家の記録

脳性まひの天才画家の記録 文化

佐島の複合施設で無料上映会

10月18日号

感謝の気持ち音に込め

感謝の気持ち音に込め 文化

逗子のジャズオケ10周年

10月18日号

アフリカのリアル知る

アフリカのリアル知る 文化

現地在住女性が講演

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク