逗子・葉山版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

あすから始まる「逗子海岸映画祭」の発起人 志津野雷(らい)さん 葉山町一色在住 39歳

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena

逗子と世界を繋げたい

 ○…今年も12日間だけオープンする屋外の映画館。砂浜に腰掛け、夕闇に映される世界の名作を楽しむも、その国にちなんだ料理やアートを楽しむもよし。異国情緒あふれるバザーを見て、光瞬くメリーゴーランドに乗ってみてもいい。「映画祭」の名を冠しつつも、映画は幾多ある仕掛けのひとつ。「世界の魅力を、五感で味わってもらいたい」。狙いは逗子と世界を繋ぐこと。逗子海岸はその玄関口だ。

 ○…6年前、地元のクリエイター仲間と活動拠点を作ろうと逗子海岸の近くに「シネマ アミーゴ」を立ち上げ、その翌年、映画祭を始めた。風景写真家として世界各地を渡り歩く中、旅先での人との出会いや暮らしに触れ、「写真だけでは伝えきれないものを表現する場を作りたい」と考えたのがきっかけ。思いついた翌日には役所で開催に必要な手続きを調べ、わずか2カ月の準備期間を経て開催にこぎつけた。「オープン間もなくて仲間の反対もあったんですが、表現の場を求めている人はたくさんいる。思いついたらすぐに形にしたくて」と振り返る。

 ○…昨年、スペインのバスク地方で開催される映画祭に参加するため一団を引き連れて海を渡った。しばらく現地で暮らしていると、それまで見えなかった土地の魅力が見え、気が付けばバスクの仲間も増えていた。世界と繋がることの面白さ。今年の映画祭には海外からも参加者を招く予定で「一つのカウンターで地元の人と海外の人が一緒に語り合ったりお酒を飲んだり。そんな景色が当たり前になったら」と青写真を描く。

 ○…逗子の映画祭は世界の文化を発表する場であると同時に、逗子の魅力を世界に向けて発信する場でもある。「逗子の魅力は世界にだって誇れる。訪れる人にそれを知ってほしい」。もう一つ、思惑がある。5年後の東京五輪。「多くの人が日本にやって来る。ここを世界中の人が交流できる場として、温めておきたいんですよ」とほほ笑んだ。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

浅野 悦子さん

「とげとげ。」の名で漫画家・イラストレーターとして活躍する

浅野 悦子さん

葉山町在住 40歳

3月6日号

阿久津 芳枝さん

プロダクトブランド「kaasuns」を立ち上げた

阿久津 芳枝さん

逗子市在住 39歳

2月21日号

水垣 偉弥(たけや)さん

プロの総合格闘家で今月28日に講演する

水垣 偉弥(たけや)さん

葉山町在住 36歳

2月7日号

鈴木 達也さん

設立100周年を迎えた葉山警察署の署長を務める

鈴木 達也さん

葉山町在住 56歳

1月24日号

森村 佳生さん

一般社団法人逗子葉山青年会議所(逗子葉山JC)の第57代理事長に就任した

森村 佳生さん

逗子市沼間在住 38歳

1月10日号

大下 利栄子さん

ユニバーサル絵本を製作する活動で内閣総理大臣表彰を受けた

大下 利栄子さん

葉山町在住  59歳

12月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク