逗子・葉山版 掲載号:2015年5月15日号 エリアトップへ

「ふるさと絵屏風」お目見え 昭和の木古庭と上山口描く

社会

掲載号:2015年5月15日号

  • LINE
  • hatena
絵屏風に見入る来場者ら(=9日、上山口会館)
絵屏風に見入る来場者ら(=9日、上山口会館)

 昭和30年代の木古庭と上山口の様子を描いた「葉山ふるさと絵屏風」がこのほど完成し、9日、関係者へのお披露目式が行われた。地元町内会や企業などが協働でおよそ3年がかりで制作。高さ180cm、幅360cmの大作で、春夏秋冬の人々の暮らしもつぶさに表現した。今後、小学校や地域のイベントなどでの公開も予定している。

 描かれているのは木古庭から滝の坂隧道まで。絵屏風は全4扇になっており、右から春夏秋冬、中央を走る県道の上部に畑を、下部には田、またそれぞれにまつわる人々の作業風景や催事、子どもたちの遊びなども描かれている。

 制作は両地区に隣接する土地を所有する大和ハウス工業(株)からの提案がきっかけ。両町内会では「近代化で失われた景色や文化を後世に継承しよう」と同社支援のもと、専門家や学生などを加えたプロジェクトチームを立ち上げ、準備を進めてきた。

 制作にあたっては滋賀県立大学助教の上田洋平さんが提唱する「心象図法」を採用。景色や風景に加え、人々が当時感じた匂いや音など「五感」を落とし込むもので、これまでアンケートや聞き取り会を複数回行い、地域のお年寄りら住民の記憶を集めた。暮らしのシーン別に描いた「絵コマ」は、実に300以上で、組み上げた絵をもとに地元在住の絵師が執画。「構図には腐心したが、想像以上の出来栄え」と制作責任者の岩澤直捷さん(74)。参加した関東学院大学4年生の小島優海さん(21)は「自分の描いたものが見つかると嬉しい。大変だったけど、色々な人と触れ合えていい経験になりました」と振り返った。

 お披露目式では絵屏風から布が取り外されると歓声があがり、集まった関係者や地元住民らは往年の様子に見入った。木古庭在住の鈴木千代子さん(88)は「お葬式の時にお寺まで親族で歩く光景が懐かしい。とても綺麗に描けていますね」と目を細めた。

 両町内会では絵屏風の完成に合わせ、「絵屏風継承会」と「語りべの会」を新たに発足。今後、完成品の保存とともに、絵屏風を使った地域文化の継承をしていくという。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

写真同好会が全国へ

逗葉高校

写真同好会が全国へ 教育

廃止寸前 活動2カ月で快挙

6月24日号

ALS発病機に財団設立へ

逗子市在住畠中さん

ALS発病機に財団設立へ 社会

豊かな人生 後押し目指す

6月24日号

多様性の尊重 明文化

逗子市

多様性の尊重 明文化 社会

推進条例を制定へ

6月10日号

産官民協働で環境対策

葉山町

産官民協働で環境対策 社会

エシカルアクション始動

6月10日号

ブルーフラッグ取得

逗子海水浴場

ブルーフラッグ取得 社会

厳しい基準クリア 国内6番目

5月27日号

週末にキッチンカー出店

南郷上ノ山公園

週末にキッチンカー出店 社会

魅力向上めざし社会実験

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook