逗子・葉山版 掲載号:2015年6月12日号 エリアトップへ

子ども神輿 装い新たに 池子住民の寄付で購入

文化

掲載号:2015年6月12日号

  • LINE
  • hatena
掛け声に合わせて神輿を担ぐ子どもら(=7日、池子小学校)
掛け声に合わせて神輿を担ぐ子どもら(=7日、池子小学校)

 池子の鎮守で、800年以上の歴史を持つ神明社で使う「子ども神輿」がこのほど完成し、7日、お披露目会が池子小学校で行われた。昨年まで使用していた神輿が老朽化していたため、地元区会が寄付を募って新たに購入。子ども会のメンバーらが真新しい神輿を担ぎ、掛け声を掛け合いながら校庭を練り歩いた。

 神輿は本体の高さ1・2m、幅0・7m、重さ約40kg。昨年まで使用していた神輿は戦後、地元大工が手作りしたもので、補修を繰り返してきたが老朽化が進んでいた。地元住民からも新調の要望が高まっていたこともあり、池子区会が地元全地域に寄付を募ったところ、約1年間で個人や企業団体から300万円を超える金額が集まったという。区長の齋藤丈夫さんは「これほど集まるとは思ってもみなかった。皆さんが趣旨を理解してくれ、大変にありがたい」と話す。

 神輿には本体と持ち手に取りつけられた葵の御紋が光る。江戸時代、鎌倉にある英勝寺の寺領だった池子村(当時)は水戸徳川家の庇護を受けてきた歴史があり、250年ほど前に住持の戒光院禅尼が御紋入りの神輿と提灯を寄贈。これに倣い、子ども神輿にも取り付けられた。関係者によると御紋付きの神輿は全国的に見ても珍しく、7月19日(日)の例大祭では、大人の渡御と神輿の”競演”もする予定という。

 この日、お披露目会には子ども会メンバーや保護者ら約150人が集まり、装いが新たになった神輿に見入った。担ぎ体験も行われ、子どもらは順番に神輿を担いで「わっしょい、わっしょい」と元気よく声を張り上げた。昨年も神輿を担いだ池子小6年の鈴木智就君(11)は「やっぱり綺麗な方が担いでいて気持ちがいい。夏祭りが楽しみ」と声を弾ませた。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

かつての国境 漕いで渡る

逗子在住畠山さん

かつての国境 漕いで渡る スポーツ

沖縄返還50年記念レース出場

5月13日号

町村部門で日本一

広報葉山

町村部門で日本一 社会

10年越しに目標達成

5月13日号

求む!葉山写した8mmフィルム

求む!葉山写した8mmフィルム 文化

秋の上映目指し活動開始

4月29日号

エコのたすき 次世代引き継ぐ

エコのたすき 次世代引き継ぐ 社会

ずしグリーンライフフェス開催

4月29日号

中学校給食の業者選定へ

葉山町

中学校給食の業者選定へ 教育

来年4月から提供開始

4月15日号

発展の礎 後世に伝える

東逗子駅

発展の礎 後世に伝える 社会

開業70周年事業が始動

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook