逗子・葉山版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

逗子市商工会 小売店の集客増に一役 商品券と連動させワンコイン企画

経済

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
参加店が紹介されているパンフレット。参加店や商工会などで配布している
参加店が紹介されているパンフレット。参加店や商工会などで配布している

 逗子市商工会(桐ケ谷覚会長)は9月25日(金)から商店街など市内6地域で「ずし魅力発見 ワンコインでスタンプラリー」を開催する。大型店舗やネット販売の台頭で苦境が続く小売店を応援しようと企画したもので、同日販売開始のプレミアム商品券「逗子市ビッグボーナス商品券」と連動させ、消費者を呼び込む考えだ。

151店舗が参加 25日から

 JR逗子駅を中心に波状に商店街が広がる市内中心部では大型店の数は少なく、他の地域に比べれば小規模な店舗も多く軒を連ねる。だがそうした状況下でも経営は厳しいといい、とりわけ小売店の苦境が顕著だ。市商工会によると、直近5年間で飲食店の店舗数は入れ替わりながら120店舗程度を保っているものの、小売店は2011年に346店舗だったものが年々減少を続け、15年には293店舗と初めて300台を割り込んだ(いずれも商工会加盟店舗)。飲食店と小売店の合計数でもピーク時(1989年)の618店舗から現在はおよそ3割減の417店舗にとどまっていることなどから、「地域活性化のためには地域の小売店が元気であることが不可欠」として今回のイベントを企画した。

 期間中は、参加する151店舗が500円、1000円、1500円のいずれかで購入・利用できるお得な商品やサービスを用意。中には通常価格の半額近いものや今回のイベント用に用意した特別商品もある。

 さらに、対象メニューの購入でもらえるシールを4枚集めると抽選でプレゼントがあたる「ボーナス賞」も用意。シールは6つのエリアごとに色分けされており、4枚異なる色だと葉山牛のローストビーフやペア宿泊券といった豪華賞品にも応募できるなど、利用者の回遊を促すよう工夫した。同商工会では「お気に入りのお店を探したり、地域の魅力を再発見するきっかけにしてもらえれば」と話している。

 期間は10月31日(土)まで。問合せは同商工会【電話】046・873・2774

逗子・葉山版のトップニュース最新6

新ビジネス拠点設立

逗子市

新ビジネス拠点設立 経済

補助金申請などサポート

11月1日号

事前説明会に2陣営

葉山町長選

事前説明会に2陣営 政治

市民団体が擁立模索

11月1日号

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月1日号

お問い合わせ

外部リンク