逗子・葉山版 掲載号:2015年10月9日号 エリアトップへ

逗子市 ごみ有料化、始まる 分別細分化、周知に課題

社会

掲載号:2015年10月9日号

  • LINE
  • hatena
導入初日、ごみステーションで立会指導する平井市長(=1日、逗子1丁目)
導入初日、ごみステーションで立会指導する平井市長(=1日、逗子1丁目)

 逗子市で1日、一部家庭ごみ処理の有料化がスタートした。有料化になったのは「燃やす」と「不燃」の2項目。導入初日には平井竜一市長を始めとする市管理職員が市内28カ所のごみステーションで立会指導を行い、訪れる市民に新たなごみ出しのルールや指定袋の使用徹底などを呼びかけた。

 「今日から有料化が始まりました。分別回収の協力をお願いします」

 導入初日、逗子1丁目のごみステーションには有料袋を持った市民が次々と訪れ、平井市長が新たなルールをアピールした。この日は燃やすごみとアルミ缶の収集日。有料袋の使用は守られていた一方で、新たな回収体制に戸惑う市民の姿もあった。40代の男性は有料袋に缶とビンを入れ捨てようとしていたところ、市長から「資源物に指定袋は使わないで大丈夫。ビンは別の日に」と指摘を受け、ごみ出しを改めた。

 市は最終処分場の残容量が限界近い現状を踏まえ、減量化と資源化を目的に2012年から有料化に向けた本格的な議論を開始。審議会への諮問やパブリックコメントのほか、昨年9月には市議会で有料化に伴う改正条例案が可決され、県内5例目となる導入が決まっていた。市は2019年度までに08年度比で20%の減量を目指している。

 有料化と同時に分別の種類も7から18に改められた。市ではこれまで約120回にわたる市民説明会や出前説明会を開催し、有料化の必要性や新たなごみ出しのルール周知に努めてきた。この日訪れていた逗子1丁目在住の83歳の女性は「(ごみの有料化は)時代の流れ。分別が細かくなったことに煩わしさはあるが、慣れだと思う」と話した。初日を終えて平井市長は「指定袋は利用していただけていたが、資源物の分別や収集日のルールがまだ徹底されていない。今後もさらなる周知を図っていきたい」と話した。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

2選手が関東大会へ

逗子高校陸上部

2選手が関東大会へ スポーツ

「来年につながる結果を」

10月15日号

市内各地で芸術に触れる

市内各地で芸術に触れる 文化

15日から逗子アートフェス

10月15日号

「お米」が持つ魅力 世界へ

町在住山口夫妻

「お米」が持つ魅力 世界へ 社会

「三河みりん」とコラボ

10月8日号

デマンドタクシーの実証実験

逗子市

デマンドタクシーの実証実験 社会

アーデンヒルと東逗子結ぶ

10月8日号

「神奈川モデル」導入へ

逗子市葉山町

「神奈川モデル」導入へ 社会

自宅療養者を24時間サポート

9月24日号

オンライン授業の活用進む

公立小中学校

オンライン授業の活用進む 教育

保護者の協力不可欠な子も

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook