逗子・葉山版 掲載号:2015年10月23日号
  • googleplus
  • LINE

11月7・8日に行われる「逗子コミュニティパーク」の実行委員長を務める 岡田 謙一郎さん 逗子市久木在住 41歳

「大人の休日」楽しんで

 ○…日々の喧噪を忘れてちょっと一休み。流れる生演奏に耳を傾けるも、お酒を飲みながら食事を味わうもよし。ここは「大人の休日」を楽しむ場所なのだから――。5月と11月の年に2回、亀岡八幡宮で開催される「逗子コミュニティパーク」。3年前から代表に就き、22回目を数える今回も、20を超える参加店や充実したライブステージを整えた。来場者にはイベントを楽しんでもらうことが第一義。ただ、ここにはもうひとつのメッセージがある。

 ○…7年前、逗子に越してほどなく。隣人から「今度新しく立ち上がるイベントを手伝いにこないか」と誘われたのがきっかけ。当初は休日をボランティアにあてることへの抵抗感もあったが、始めてみると様々な発見があった。人付き合いの幅が広がるにつれ「こんなにたくさんの人がまちづくりに関わっているのか」。市民活動に携わるのは初めての経験だったが、それまで気づかなかった逗子というまちの輪郭が見えた気がした。自らも関わる中でまちとの繋がりが色を帯び、「逗子をより愛せるようになった」とも。

 ○…参加店や出演者はいずれも地域に根差した店やアーティスト。中には本業の時間を割いて、参加してくれる人もいる。運営にあたってもステージの設営や音響など、地元企業がほぼ手弁当で協力。「毎回開催できているのも、関わる皆さんのご理解あってこそ」と感謝が口をつく。イベントは「人の輪」が形作る、いわば逗子の縮図だ。

 ○…「より多くの人にまちづくりに関わってほしい」。それがイベントに込められたもうひとつ思い。たった1歩を踏み出すだけで、視野は飛躍的に広がる。自らも携わる過程で「逗子は今まで住んできたまちの中でナンバー1」と言えるまでになった。「働き甲斐や生き甲斐があるように、このまちには『住み甲斐』がある。会場に足を運んでいただいた方が、その1歩を踏み出すきっかけになれば」

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

森 幸夫さん

逗子、葉山、鎌倉の2市1町を管轄する鎌倉税務署長に就任した

森 幸夫さん

8月24日号

堤崎 良子さん

徳之島の特産品を扱う「島の八百屋さん」を営む

堤崎 良子さん

8月3日号

山本 由夫さん

逗子ロータリークラブの第58代会長に就任した

山本 由夫さん

7月20日号

平井 寿奈(じゅな)さん

逗子サーフライフセービングクラブのメンバーで女性初の監視長を務める

平井 寿奈(じゅな)さん

7月6日号

岸田 朋子さん

7月6日に開かれる逗子創業セミナーでモデレーターを務める

岸田 朋子さん

6月22日号

三留 学さん

第30回横浜食肉市場ミートフェアで最高位の「名誉賞」を受賞した

三留 学さん

6月8日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク