逗子・葉山版 掲載号:2016年1月15日号 エリアトップへ

華やか つるし雛 逗子文化プラザ

文化

掲載号:2016年1月15日号

  • LINE
  • hatena

 古衣を使った花や動物、人形などつるし雛の作品展「布に命を吹き込んで」が逗子文化プラザギャラリーで開かれている。色鮮やかで温かみあふれる作品が訪れる市民らの目を楽しませている=写真。18日(月)まで。

 葉山町でちりめん教室を主宰する小林美和子さんの生徒らがつくる「つるし雛同好会」が初めて主催。会場にはつるし雛46点をはじめ、人形を着物で飾った「ぶす姫」や干支人形など約30点も展示した。

 つるし雛は干支にちなんだ馬の細工物「春駒」や安産祈願の犬、学業成就のフクロウなど、縁起もので飾りつける。1つの作品を作り上げるのには3年近くかかるといい、会場に並んだつるし雛は思わず頬がゆるむほど表情豊かなものばかりだ。小林さんは「生徒さんがお孫さんや娘さんの幸せを願って1つずつ丁寧に縫ったもの。丹精込めた作品の数々を楽しんでもらえれば」と話している。

 入場無料。各日午前10時から午後5時(最終日は2時まで)。問合せは同会、藤江さん【電話】046・870・1157

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook