逗子・葉山版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

逗子高校 地域の専門家が先生に ワークショップ通じ交流深め

教育

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 逗子高校で25日、地域ゆかりの作家や音楽家らを招いたワークショップが行われた。1年生277人がグループごとに専門家らの「特別授業」に取り組んだ。

 県立高校の教育力向上を目指す県事業の一環。同校は「地域等連携教育」の研究推進校に指定されており、2013年度から地域の教育力を活かしたプログラム作りに取り組んでいる。

 今回は絵本作家や写真家、大学講師、ダンス講師、市民活動家らの協力で多彩な全14講座を実施。生徒らは事前に希望を出し、「飛び出す絵本づくり」や「リズム表現」「子どもとの遊び」などに挑戦した。

 写真講座を担当したのは、葉山町在住の写真家、ブルース・オズボーンさん。「撮る目線や光の角度を変えると色々な表情が出る。色々アイデアも盛り込んで」と撮影のコツをアドバイス。生徒らは跳んだり、逆光でシルエットを浮かび上がらせたりと工夫をしながらシャッターを切っていた=写真。

 講師のコーディネーターを務めた市民交流センター副館長の村川真理子さんは「高校に入ると地域との接点が薄れてしまいがち。講座を通じて地域の人と人とを繋ぐきっかけになれば」と話した。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

アカペラと和太鼓がコラボ

アカペラと和太鼓がコラボ 文化

2月、ワークショップも

1月21日号

シェアサイクルの感想募集

池田通りでお得に買い物

池田通りでお得に買い物 経済

「プレミアム商品券」販売中

1月21日号

小坪に車中泊スペース誕生

小坪に車中泊スペース誕生 経済

試行的運用開始 活性化目指し

1月21日号

春告げる「わかめ干し」体験

春告げる「わかめ干し」体験 社会

市観光協会らが参加者募集

1月21日号

「アマモの苗大きくなあれ」

「アマモの苗大きくなあれ」 教育

一色小で環境授業

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook